吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



Fund

簡単に報告のみ / 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」投票しました


仕事にプライベートに…そしてプライベートの中でも特に小学校関係の明日の大一番に向けての準備で忙しかった11月でした。

おかげで完全にFOYのことも失念しており,Twitterの最終日のアナウンスで投票していなかったことを思い出したという次第です。

何とか朝に電車の中からスマホで駆け込み投票をしました(2回送ちゃったかも…)
 ●投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018

今回は「投票をしたよ」ということの報告のみです。

明日の大一番と明後日のイベントが終われば,少しは落ち着いてブログ書きに戻れるかな? (とか言っていると忘年会・新年会シーズンなんですよね)







「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013」投票開始

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013」の投票が始まりました。

投票期間:2013年11月1日(金)~2013年11月20日(水)


投票資格は「2013年8月31日までにブログを開始している」「投信ブロガーある」の2つなので、投資信託を持っていてブログにそんなことを書いている…という人はぜひ投票を



◆大事な注意 ≪投票方法≫続きを読む



「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2011」への投票をブログに書きわすれないように

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2011」

投票は以下の両方を満たして有効になります。
1. 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2011」のサイトで投票する
2. 自分のブログで投票したことを記事にする



投票したのにブログに投票したことを書いていない人が若干名見受けられるとのことです。
まだ、数日以内なら間に合うとのことですので、お忘れの方は今から記事に書きましょう。



「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2011」に投票を

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2011」に投票 で私が投票したことは触れました。


私のブログを読んでいる投信ブロガーの方、投票はお済みでしょうか?

投票方法は簡単です。
(1) サイト (http://www.fundoftheyear.jp/2011/) へアクセス
(2) 画面右側にある投票ページを開く
(3) 名前、ブログ名、URLと共にファンド名と点数を投票

対象となる投資信託は、【2011年10月31日までに設定された投資信託(ETF含む)。海外籍ETFについては、日本の証券会社を通じて買付可能なものを対象とします。】です。
インデックス投資ナイトで発表されますが、アクティブファンドにも投票OKです。

投票の動機は「インデックス投資ナイトをアクティブファンドで一泡吹かせたい」でもいいと思います。


【参考/各年の投票数】
 ・2007年:20ブログ
 ・2008年:27ブログ (前年度比+35%)
 ・2009年:45ブログ (前年度比+67%)
 ・2010年:59ブログ (前年度比+31%)

前年までは順調に増えています。
ハードルは高いですが、今年は35%ほど積み増した80ブログくらいからの投票があることを期待したい。



「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2011」に投票

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2011」に投票しました。

CMAM外国株式インデックスe に5ポイント全てを投票しました。

●投票期間: 2011/11/2〜2011/11/30
●投票資格: “投信ブロガー”であること。2011年8月31日までにブログを開始していること。
●投票対象: 2011年10月31日までに設定された投資信託(ETF含む)。海外籍ETFについては、日本の証券会社を通じて買付可能なもの
●投票方法: 各自5ポイントを持ち点


まず、一番いいと思うファンドに集中して投資しようと考えました。

そして、良いファンドの評価ポイントは1つ、「投資信託である意義があること」です。

私が主として投資している商品はニッセイ日経225インデックスファンドeMAXIS新興国株式CMAM外国株式インデックスeです。どれも優れたファンドだと思うからこそ投資しています。
この中から選ぼうと思いましたが、決め手が投資信託である意義でした。

日本株は日本からでも容易にアクセス可能です。しかし、外国株はそうはいきません。
そこで候補はeMAXIS新興国株式CMAM外国株式インデックスeに絞られました。
新興国株式もいいのですが、まずは王道の先進国株式でしょう。

このような選定によってCMAM外国株式インデックスeに投票しました。



私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives