吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



DIAM

熾烈な低信託報酬競争 / 三井住友AMから日本・先進国2つのREITファンドが登場

SMAM 三井住友アセットマネジメント

EDINETの情報などをもとに,すでに一部の投信ブログなどでは登場することが報じられてもいましたが,三井住友アセットマネジメントから以下2つのREITのインデックスファンドが登場しました。
    • 三井住友・DC日本リートインデックスファンド (東証REIT指数 / 信託報酬 0.26%)
    • 三井住友・DC外国リートインデックスファンド (S&P先進国REIT指数(除く日本) / 信託報酬 0.28%)
「三井住友・DC日本リートインデックスファンド」の運用を開始します。
「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」の運用を開始します。
続きを読む







楽天証券が個人型確定拠出年金の取り扱い商品を発表 〜 間違い探し

楽天証券 rakuten-sec

楽天証券が個人型確定拠出年金の取扱商品についてリリースアナウンスメントを出しました。

【9月下旬申込受付スタート】確定拠出年金の商品ラインアップ発表(第一弾)

ここでは低信託報酬の三井住友・DC日本株式インデックスファンドSなどがリストされたり…と信託報酬に敏感な投資家に注目な内容も発表されていましたが,ある意味でそれ以上の注目を集めていたのは間違い探し

以下はリリースアナウンスが出た直後に発表された取り扱い投資信託の表です。
rakuten_dc_1st

この中からおかしな点を見つけられたでしょうか?

続きを読む



ステート・ストリートから低信託報酬の主要インデックスファンドが8本登場。しかし、「DIAMのパッシブファンド」パターンが頭をよぎる

robo advisor ロボアドバイザー


各アセットで信託報酬最安のインデックスファンドが8本登場

ステート・ストリートが主要なインデックスにおいて低信託報酬なインデックスファンドを8本リリースするというニュースが飛び込んできました。

4月20日にEDINETに掲載され、情報入手が早い投信ブロガーの方々が取り上げられています。
私がこのニュースを知ったのはステート・ストリートが超低コストインデックスファンド8本を設定(バリュートラスト)になります。

登場する8本のインデックスファンドの情報

登場するファンド8本の基本情報は以下のとおりです。全てのファンドが2016年5月9日に設定されるようです。
信託報酬は、最近、信託報酬が低いことで有名なたわらノーロード、三井住友、ニッセイなどよりも低い水準になっています。

ステート・ストリート日本株式インデックス・オープン
  • 対象インデックス: TOPIX(配当込み)
  • 信託報酬(税抜き): 0.18%

ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン
  • 対象インデックス: MSCIコクサイ指数(円ベース)
  • 信託報酬(税抜き): 0.21%

ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン(為替ヘッジあり)
  • 対象インデックス: MSCIコクサイ指数(円ヘッジベース)
  • 信託報酬(税抜き): 0.22%

ステート・ストリート新興国株式インデックス・オープン
  • 対象インデックス: MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円ベース)
  • 信託報酬(税抜き): 0.29%

ステート・ストリート日本債券インデックス・オープン
  • 対象インデックス: (NOMURA-BPI総合指数)
  • 信託報酬(税抜き): 0.18%

ステート・ストリート先進国債券インデックス・オープン
  • 対象インデックス: シティ世界国債指数(除く日本、円ベース)
  • 信託報酬(税抜き): 0.19%

ステート・ストリート先進国債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)
  • 対象インデックス: シティ世界国債指数(除く日本、円ヘッジベース)
  • 信託報酬(税抜き): 0.20%

ステート・ストリート新興国債券インデックス・オープン
  • 対象インデックス: バークレイズ・エマージング・マーケッツ・ローカル・カレンシー・リキッド・ガバメント・インデックス(円ベース)
  • 信託報酬(税抜き): 0.12% *
※新興国再建はSPDR新興国債券ETFに投資するため、その費用となる0.50%が加わります。

この中では特に新興国株式の0.29%という信託報酬が光り輝いて見えます。


販売会社は三井住友信託銀行のみ 〜DIAMパッシブファンドのパターン?

このように注目のステート・ストリートのファンド8本ですが、現時点では販売会社は三井住友信託銀行のみとなり、販売会社が気になります。

販売会社はどうやって儲けるの?

この8本のファンドの信託報酬を分解すると以下のとおりです。
ステート・ストリート インデックスファンド 信託報酬 内訳
続きを読む



たわらシリーズから「たわらノーロード 新興国株式」が信託報酬0.495%で登場します

tawara_noload

今回のネタもバリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩たわらノーロードに新興国株式とスマートベータ戦略「plus」3本の計4本が追加で知りました。

新興国株式の代表的インデックス指数であるMSCIエマージング・マーケット・インデックスに連動するたわらノーロード 新興国株式が登場します。

なんと信託報酬は0.495%(税抜き)ということで0.5%を切ってきました。

これでたわらノーロードシリーズのラインナップは以下のようになりました。 (Plus除く)続きを読む



低信託報酬のたわらノーロードシリーズから「高配当最小分散戦略」「低ボラティリティ高配当戦略」ファンドが登場

tawara_noload

バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩たわらノーロードに新興国株式とスマートベータ戦略「plus」3本の計4本が追加で知りました。

低信託報酬のインデックスファンドを提供しているDIAMのたわらシリーズから「plus」という名がついた3本の面白そうなファンドが登場します。たわらノーロードplus 新興国株式低ボラティリティ高配当戦略については、同じマザーファンド(新興国株式インカムプラスマザーファンド)に投資するファンドラップ用のDIAM新興国株式インカムプラスファンドがありますので、この一般版になるかと思われます。


日本株、先進国株、新興国株といった株式アセットに対して王道であり人気の高配当戦略。それに最小分散/低ボラティリティとこれまた人気が出そうな戦略で加わっています。続きを読む



私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives