吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



CMAM外国株式インデックスe

CMAM外国株式、eMAXIS新興国株式を買おう

(プロパガンダの入ったエントリーです)

・CMAM外国株式インデックスe
・eMAXIS新興国株式インデックスファンド


是非ともこの2つのインデックスファンドを買いましょう。

日本株がいい?それなら次のどちらかでしょうか。
 ・CMAM日本株式インデックスe
 ・ニッセイ日経225インデックスファンド



何を言っているの?
「良いファンド(ここではコストが安い)ファンドを買おう」ということです。


何が目的なのか?
良い(コストが安い)ファンドに資金が集まるということを投資信託の販売会社・運用会社に伝え、販売会社・運用会社がコストが安い商品を投入することを促進したい


「こんなファンドいいな できたらいいな 
あんな要求 こんな要求 いっぱいあるけど 
みんなみんなみんな 叶えてくれる 不思議なポッケで叶えてくれる
 新興国に安く投資したいな はい、低コストファンド
あんあんあん とっても大好き 販売会社~」


・・・夢のような話ですが、こんなことにはなりません。
金融機関は身銭を切ってまえ顧客の利益を追求してくれるほどお人よしではありません。
「顧客にとって良い商品を提供すると金融機関も儲かる」というインセンティブを提供しなくては、あんな要求もこんな要求も通りません。

だからこそ、いいファンドが現れたら資金を投じることが要求を通すための力になります。
国政選挙の投票のようなものです。ただ要求「するだけではダメです。その要求を法案として成立させようとする議員がいたら投票しなくてはいけません。「陳情はすれど投票しない」では議員も動いてくれません。


少し主観の入った評価になりますが、先進国株式のCMAM外国株式インデックスeと新興国株式のeMAXIS新興国株式インデックスファンドは同アセットの中では頭一つ抜け出しています。
今は数億円/月の資金流入ですが、これらのファンドに、毎月少なくとも10億円を超す資金が安定して流入するようになれば、金融機関の態度も変わってくるでしょう。資金が出にくい投資家の構造になっているので、数百億円/年を集めれば一気に有力商品になりえます。
そうなれば、他の金融機関がより低コストな商品を出して顧客を獲得しようする刺激になります。

こんなサイクルを起こしたい。


別にCMAM外国株式インデックスeeMAXIS新興国株式インデックスファンドでなくてもいいです。
良いと思うファンドには資金を投じることが、良いファンドが広まりより良くなる原動力になります。







「CMAM外国株式インデックスe」が「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2011」を制す

先の第4回インデックス投資ナイトに参加 (速報?)で触れましたが、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2011」の結果が発表されました。

1位: CMAM外国株式インデックスe
2位: 結い2101
3位: eMAXIS新興国株式インデックス
4位: ひふみ投信
5位: ニッセイ日経225インデックス
6位: バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT)
7位: バンガード・MSCI・エマージング・マーケットETF (VWO)
8位: セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
9位: STAMグローバル株式インデックス
10位: eMAXIS全世界株式インデックス


1位は私も投票したCMAM外国株式インデックスeでした。
多くのインデックスファンドがランクインしていますが、以下の2点が獲得点数を伸ばした理由でしょう。
 ・低コスト (先進国株式アセットでは最低コスト)
 ・国際株式投資の王道 (MSCI KOKUSAI連動)


類似のライバル商品として、9位にランクインしたSTAMグローバル株式インデックスeMAXIS先進国株式インデックスFunds-i 外国株式などがありますが、現時点ではこのアセットではCMAM外国株式インデックスeが最有力でしょう。


2位には鎌倉投信の結い2101がランクインです。
投信ブログでもファンは多く、会場でも結果発表前にこのファンドが票を伸ばしそうだと予想していました。
以下の2点が評価を集めている点でしょう。
 ・ファンドの銘柄厳選方法への共感
 ・ここまでの実績

しかし、このファンドの支持には2つの大きなリスクがありそうです。
保有銘柄で東京電力やオリンパスのような重大な問題を持つ銘柄が紛れていた場合、銘柄厳選の根本が揺らぎます。その時に共感を失わないのか。
また、現在は日本株の中で良い成績を残していますが、今後もこの成績が続くとは限りません。成績が悪化した場合に支持を失いかねません。
結い2101は2012年以降の投票でどうなっているかを一番注目したいファンドです。1つ、2つはこういうファンドがランクに入っていてほしいとは思うのですが、どうなるでしょう。


3位のeMAXIS新興国株式インデックスは新興国株式アセットの投資信託では頭一つ抜け出しており、妥当なランクインでしょう。
eMAXISシリーズの中でも順調に資産残高を伸ばして100億円に届いたファンドであり、この調子で資産が増える程管理コストも安くなって投資家のメリットが大きくなりそうです。


なお、インデックスファンドで投資している私は、アクティブを除いたインデックスファンドの上位3本(CMAM外国株式インデックスe、eMAXIS新興国株式インデックス、ニッセイ日経225インデックス)で投資しています。



2011年2月現在で追加購入している投資信託

PCから見た場合の画面右側に表示されるエリアには私が保有している投資信託/ETF、FXのポジションなどが表示されています。しかし、今購入しているのは何かは書いてありませんでした。

(1)ニッセイ日経225インデックス
(2)CMAM外国株式インデックスe
(3)eMAXIS新興国株式インデックス


この3ファンドを現在買い付けています。日経ヴェリタスにも出したようにこの3つをほぼ均等買いしているのが最近の投資行動です。投資額が月20万円とすると次のようなパターンです。
 ●ニッセイ日経225インデックス : 6万円
 ●CMAM外国株式インデックスe : 7万円
 ●eMAXIS新興国株式インデックス : 7万円


上記3ファンド購入の理由は低コストです。


ここに時々加わるのがインド株式のETFです。
前回はNEXT FUNDS インド株式指数・S&P CNX Niftyを購入しましたが、次は上場インデックスファンドS&P CNX Nifty先物にすべきか悩んでいます。

インド株式は別ですが、上の3ファンドが資産形成層へのオススメファンド有力候補です。



"投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2010"に投票完了

"投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2010"投票受付開始で投票受付開始についてエントリーを書きましたが、投票を完了させました。
●投票は⇒こちら

私は以下の5つに各1点ずつ投票しました。
1. ニッセイ日経225インデックスファンド
2. CMAM外国株式インデックスe
3. eMAXIS新興国株式インデックス
4. ピクテ・インデックス・ファンド・シリーズ−ブラジル株
5. 日興AM 上場インデックスファンド海外先進国株式

低コストを重視するスタンスに立った選択ですね。

さて、私が選んだファンドが何本トップ10に入るでしょうか?
3番、5番は他の人からの指示もありそうですが、1,2,4が怪しい気がしています。



低コストファンドへ資金を投じよう(?)の続き (予想以上に余談に反応があったので…)

タイトルにも書きましたが、予想外に"余談"として書いた記述への反応があったので追加エントリーです。



この"余談"をご存じない方のために簡単にまとめると、先のエントリー(CMAM外国株式インデックスeを購入)で、以下のような趣旨のことを書きました。
コストが安いファンドが出た時に投資家の資金が集まらないと、ファンド運用会社は儲からないので低コスト印デック不ファンドが出てきにくくなる。
だから、無理してまで買う必要は無いが、低コストファンドが欲しい人は少し早いタイミングで低コストファンドに資金を投じても良いのではないか
これは要約で実際のエントリーの記述とは違います


この主張の重要な意図は、Win-Winの関係(もはや死語?)を作るには企業側の努力だけでは不十分ということです。
当然のこととして企業側は企業として顧客を獲得できるように努力すべきです。しかし、"資本主義""自由経済"の世界で良い商品を手に入れるためには企業側の努力だけではうまくいきません。両輪として顧客側の購買行動も必要です。
「粗悪商品にだまされない」「良い商品が出ればそれを選ぶ」。こういう行動があってこそ、良質な商品が世の中に出回ります。

顧客が企業に意見を伝える最高の手段はやはりお金です。
ダメなら買わない、良いなら買う。企業は評判というものも気にしますが、それは売上や利益にかかわる場合です。どんなに悪評が立っても利益に一切関係なければ構わないのが企業の論理です。逆にどんなに評判は良くても買ってもらえないようでは企業としてはたまったものではありません。

だからこそ、「無理してまで買う必要は無いが、いい商品だと思えば、それに手を伸ばしても良いのではないだろうか。それが企業へ顧客の要求を一番伝える方法になる。」と考えています。
"money talks"という言葉もあるように、資本主義の世の中ではやはり金の力は大きいです。"money talks"はネガティブに使われることが多いですが、私はこのようなポジティブな"money talks"があっても良いと考えています。
長々と書きましたが、そんな単純な話でした。



私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives