吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



預金

「預金の金利が低くて増えないからリスク取って増やさなきゃ」に注意

disney fireworks

以前もこの手の話は書いた気がしますが,定期的に書いていきたい話です。

「年金の支給額も長期的には減額されていきそうだ。自助努力をしなくてはいけないのだけど,最近は銀行の金利が低くて,銀行に預けていても全然お金が増えない。だからリスクを取って高いリターンを求めなくては。」

投資を誘う文句でこんな話があります。職場でも「預金していてもお金増えないよね。投資した方がいいのかな」といったような声を聴くことがあります。(このような声を聴いたのが今回書くきっかけ)
    1. 年金や国家の財政破綻,長寿による老後の長期化などで自己努力がより求められる
    2. 自助努力というけど,預金していてもお金は増えない
    3. お金を増やすならリスク資産への投資だ!
こんな論理構造です。
一見正しく聞こえそうでもありますが,これは要注意です。
続きを読む







高金利や預金キャンペーン狙いは難しい低金利時代

0% 預金 金利

マイナス金利というニュースもあり、各銀行の預金金利も非常に低い水準になっています。メガバンクの普通預金に至っては年率0.001%というほぼ0と言えるような金利水準です。

そうなると、少しでも金利の高い預け先を探したいとも思うものですが、これが難しい。
続きを読む



100年満期定期預金の満期時の実質価値低下に思ふ - インフレリスクではなく信用リスク

Classic Car

少し前に旧新潟貯蓄銀行が100年前に募集した100年満期の定期預金が今年に満期を迎えたというニュースがありました。

第四銀:100年定期満期に 旧新潟貯蓄銀が大正4年募集 (毎日新聞)
旧新潟貯蓄銀行(1944年に第四銀行と合併)が100年前に募集した超長期型の100年定期預金が今年、満期を迎えた。
100年定期は年利6%で1年複利だったという。
1円を預けると、満期には339円30銭になっている計算
ただ、現在の貨幣価値は当時と比べると数千分の1から1万分の1。仮に100年満期を迎えても、今となっては「すずめの涙」程度の額にしかならず

このニュースを受けて、預金はインフレに弱いかのような話がされているようなこともありますが、その解釈は違うように思えます。

続きを読む



預金金利の高い銀行を探すのが面倒くさくなるほどの低金利

「預金金利が低い今こそ、少しでも金利の高い銀行を探しましょう」

こうは言うものの、それをする気をなくすほど低金利なのが現状です。比較的金利が高いネット銀行でも金利は低迷しています。


確かにメガバンクの金利は恐ろしい程に低くなっています。1年定期で0.025%のようにほとんど金利はつきません(100万円の元本で税引き後で200円)。
この金利ではとても投資として有望な預け先とも言えませんが、肝心のネットバンクの金利もメガバンクよりましとは言え、年利0.2%〜0.3%といったところです。

メガバンクは従来からの低金利ですでに0%に近い水準に張り付いていましたが、昨今のさらなる金利低下によってネットバンクの預金金利が下がって「メガバンクvs.ネットバンク」「定期預金vs.普通預金」の金利差が縮小してしまったので、ネットバンクの定期預金を利用する旨みが減ってしまいました。

おかげで最近は金利の高いネットバンク定期預金情報を追っかけるのも止めてしまいました。



住信SBIネット銀行の預金残高が3兆円を突破

預金総残高3兆円突破のお知らせ (住信SBIネット銀行のプレスリリース)
住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川島克哉、以下「住信SBIネット銀行」という)は、平成25年7月25日に預金総残高(※2)が、新規参入銀行 (※1)で初めて3兆円の大台を突破しました。
sssbi_news_20130729

私のメインバンクでもある住信SBIネット銀行の預金残高が3兆円を超えたようです。

住信SBIネット銀行を含め銀行は新規参入組がけっこうありますが、その新規参入組で3兆円に到達したのは住信SBIネット銀行が最初とのことです。

地方銀行と比較すると3兆円は岩手銀行北國銀行等とほぼ同じで、上から数えて30番ちょっとに相当するようです。(1位は横浜銀行で11兆円超)


住信SBIネット銀行の前には、ソニー銀行イーバンク銀行(現・楽天銀行)がいて、預金残高の話でも彼らがよく話題になっていましたが、今では住信SBIネット銀行が代表格でしょうか。

 ・安定した定期預金のキャンペーン高金利
 ・普通預金としてのハイブリッド預金の高金利
 ・ネット証券大手のSBI証券とのハイブリット預金を介した連携
 ・他行への振込手数料が月3回まで無料

私がメインバンクとしている理由でもありますが、預金を集める魅力があるようです。

※他には収益構造が違うセブン銀行も注目されていますね。


<2013年7月30日0時32分: 振込手数料無料の件を追記>



連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
Archives