吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



金融庁

人生へ与える影響が大きくなり得るからこそ金融商品への規制が強力  〜住宅への規制を参考

ny_buildings

金融商品の販売についてはいろいろな規制があります。

有名な法規制としてはまずは金融商品取引法があります。
そして,各種金融商品を販売するには届/登録が必要であったり,商品についてしっかり説明したかといったことが問われたり,業界団体で多くのルールが策定されていたり……とコンビニエンスストアで週刊少年ジャンプやおでんを売るのとはわけが違います。(月刊少年マガジンとも違います)



コンビニで週刊少年ジャンプやおでんを買った顧客が「そんな商品だとは知らなかった,騙された」といってコンビニを訴えて勝訴なんてことはまず考えられません。しかし,金融商品の場合,損した顧客が「そんな商品だとは知らなかった,騙された」と金融商品を販売した金融機関を訴えて金融機関が裁判で負けるといったケースもあります。

このような現象を見て,どんなボッタクリ商品を売ろうとどんなボッタクリ商品であろうと「売る側/買う側の合意に基づく売買契約なのだから規制をする必要はない」と「契約自由の原則」を主張する声もあります。
しかし,これは金融商品の場合に適応するのは非常に危険です。


続きを読む







つみたてNISAは,投資の素人向けとして80点の制度で良し,かな

tsumitateNISA_fes2017

つみたてNISAについてはいろいろな意見があります。非課税期間,投資額,投資対象商品,税制,他制度との兼ね合い,etc…

様々な意見がありますが,ここでは私の考えるつみたてNISAの方向性を少し書かせていただきます。(ぼくのかんがえるさいきょうのつみたてにーさ?)

なお,これを書くにあたっては先日金融庁主催で開かれた「つみたてNISAフェスティバル」であった,つみたてNISAへの改善要望を軸にして話をしてみます。
続きを読む



積立NISAは加入自由の制度なのだし,商品制限してもいいんじゃない

ミャンマー ヤンゴン 人民公園

積立NISAで対象商品に制限がかかるという話は前からありましたが,具体的な数字が出てきました。

積み立てNISA、手数料ゼロ投信など対象 (日経新聞)
販売時に生じる手数料について公募株式投資信託はゼロ、上場投資信託(ETF)で1.25%以下のものに限る。
契約期間が無期限か20年以上で、かつ毎月分配型ではないものが基本。


いろいろ難しい制限がかかっています。より詳しくは金融庁の資料に以下のような説明があります。
続きを読む



金融庁の金融レポートを読む 〜 山崎元と金融庁の突っ込みどころ!

金融庁

9月15日に金融庁から『金融レポート』が発行されました。
平成27事務年度 金融レポートについて

金融レポートと言うだけあって日本の金融に関することが色々書いているのですが、山崎元氏が【「個人投資家から見て」金融レポートのどこを読み、どう生かしたらいいのかをご紹介しよう。】として,ダイヤモンド・オンラインに金融庁がダメ出しする運用商品ワースト3という記事を書いています。

これを踏まえた上で、金融レポートの中身を見ていきたい。

なお,タイトルの「山崎元と金融庁の突っ込みどころ!」は,私も何度か講師をさせていただいた横浜サカエ塾のセミナーで,11月22日に開催されるセミナーのタイトルです。私が紹介するまでもなく定員に達したようですが,紹介を兼ねて拝借させていただきました。
 ※山崎元の突っ込みどころ! (こくちーず)

続きを読む



平成29年度税制改正要望は注目 〜 新NISAのみならず金融課税一体化や企業年金特別法人税撤廃

H29_zeiseikaisei

8月19日にNISAに従来の「年間拠出120万円で,最大5年間非課税」に加えて「年間拠出60万円で最大20年間非課税」枠が登場?で取り上げたように,年間拠出限度額60万円で非課税運用期間が20年という新しいNISAの要望が金融庁から出されるという話がありました。

そんな中,8月31日に金融庁の平成29年度税制改正要望についてとして,このNISAを含めた金融庁からの要望が公開されていました。 (※説明用のPDFファイル)

NISAは60万円/20年,制度の恒久化に加えて…

先日のブログの中でも触れましたが,制度の恒久化も要望に入れられるようです。将来的な資産形成を支援するという目標を考えると,限度額60万円+非課税運用期間20年+制度恒久化は良い方向性でしょう。

そんな中,気になる記述が2点ほどありました。
続きを読む



私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives