吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



退職

「新卒社員の3割が3年で辞める」は健全な証

hakone_train

「新卒社員の3割が3年で辞める」はなぜ30年間変わらないのか (Diamond Online)
せっかく採用した新入社員(大卒者)の3割が3年で辞めているという事実がある。人材不足の状況にあって、どうしてこのような「ミスマッチ」が起きているのだろうか。
「新卒3年目までの離職率」がバブル時代から現在まで変わらないという事実は、入社した企業が構造的な問題を抱えていること、また、採用選考のあり方に問題があることも同時に示している。なぜこのような採用の「ミスマッチ」が起きてしまうのだろうか。

「新卒の3割が3年で辞める」

よく言われる言葉です。そして,大抵においてこれはネガティブな意味を含みます。しかし,本当にそうでしょうか?
続きを読む







重大な選択、仕事復帰か退職か・・・

吊られた男家では、近いうちに重大な選択を迫られる可能性が高い。



それは、「妻が(何が何でも)仕事に復帰するか、それとも退職するか」



昨今の不景気の影響もあり、子どもを保育園に預けて妻も働くかで悩まれている人も多いかと思います。

保育園不足の影響で、我が家の住む地域も待機児童があふれていて認可保育園に入るのは結構厳しい。
妻(と私)の希望は、子どもが小さいうちは仕事復帰するにしても短縮勤務や在宅併用勤務。しかし、フルタイムで働くとしても点数不足で保育園に入れない子どもがいるという厳しい現状。短縮勤務や在宅併用では認可保育園に入れないのはほぼ確実。

そうなるとまず選択肢で考えるのは、次の2つ。
  1. フルタイムで働く
  2. 退職する

子どもと一緒にいるということを考えると2番を選択したいという気持ちは強い。しかし、家計を考えると妻の稼ぎの有無は極めて大きい。投資額も明らかに変わるだろうし、妻が働けば子どもの将来の教育費も心配ないだろう。でも、小さい時は一緒にいたいから、2番でしばらくした後にどこかに再就職というのも考えたい。これだと収入は大幅に落ちてしまう(T_T)



小さな子どもがいる世間のお母さん方、どうされているのでしょうか・・・



連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives