吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



自動解約

SBI証券で「投資信託定期売却サービス」開始

ビッグニュースです。

昨年9月のエントリー(投資信託の自動解約サービス)でも導入を希望していた投資信託の定期売却サービスをSBI証券がこの2012年3月16日から開始します。

プレスリリース:投資信託定期売却サービス開始のお知らせ
投資信託定期売却サービスとは、当社で保有いただいている投資信託(※1)を、申込金額と申込日の設定を行うことで、「定期的(毎月もしくは隔月)に売却し、一定の売却代金を受け取りたい」というお客様のニーズにお応えするためのサービスです。
たとえば定年退職されたお客様が、積立投資で長年蓄積させてきた投資信託を、そのまま運用を継続しながら、年金の補完として少しずつ売却して現金を受取るという形でご活用いただけます。


これは大きい。プレスリリース中にもあるように投資信託を定期的に取り崩していきたいというニーズは確かに存在します。そして、毎月自動積み立てが喜ばれるように、毎回の手続きを自動でやってくれるということに価値を置く人もいるでしょう。
従来はそのようなニーズには毎月分配型くらいしか応えるものがありませんでした(一部証券会社ではサービスがあったものの取扱投信が貧弱でなかったに等しい)。

SBI証券では1200本超と多くの投信を取り扱っており、これは日本における本格的なサービス開始だといって差し支えありません。

毎月分配型投信には「運用会社が勝手に払戻額を決めてしまう」という致命的な問題がありました。
分配金が大きく引き下げられたり、客寄せのために分配金を増やしたり・・・と運用会社の都合で払戻金が決まっていました。制度上は毎月分配型と言いつつも分配金を0にすることも可能です。

ところが、自分で金額を設定できる定期売却サービスの場合は違います。自分で払い戻して欲しい金額を設定できます。大きな進歩です。

自動積み立てをやっているような他証券会社も追従してくれることに大いに期待したい。


※注意
本サービスの対象は、「金額買付」および「積立買付」でお買付(他社移管も含む)いただいたファンドとなります。「口数買付」でお買付(他社移管も含む)いただいたファンドは当サービスをご利用いただけません。
また、積立買付を設定中のファンドは、設定解除後に当サービスのご利用が可能となります。







投資信託の自動解約サービス

先のエントリーで投資信託の自動解約サービスに触れました。
そこで、今の日本の証券会社で提供されている投資信託の自動解約サービスについて簡単に紹介します。

●野村證券 : 定時受取りサービス (公式ページはこちら)
●SMBC日興証券 : 定期引出サービス (公式ページはこちら)
野村證券、日興証券共に
 ・換金月は毎月偶数月奇数月から選択できます
 ・金額指定口数指定から選択できます
毎月も隔月も選べ、金額指定も口数単位も選べるので、非常に使い勝手が良い仕組みです。この仕組みそのものは非常に素晴らしいものです。
しかし、対象銘柄に制限があります。
野村証券が12銘柄、SMBC日興証券が11銘柄の取り扱いです。どんなに素晴らしい制度でも対象商品が無いようでは宝の持ち腐れです。
これが拡大されることに期待もしたいですが・・・その前にネット証券が同様のサービスをより多くの投資信託に適用してくれることにも期待したい。


●ありがとう投信 : ライフサポートサービス (公式ページはこちら)
 ・換金月は指定できます
 ・解約方法は金額指定のみです
ありがとう投信の取り扱いファンドはありがとうファンドだけなので、対象商品は1本限りですが、100%のカバー率とも言えます。
なお、ありがとう投信のライフサポートサービスの少し変わった制限として、サービスを利用できるのは「満60歳以上」もしくは「障がい者」に限られます。


この自動解約サービスが広まれば、毎月分配型ファンドを駆逐が駆逐されるかもしれません。
分配型ファンドは無分配型ファンドと投資効率を比較されるよりも自動解約サービスの導入の方が脅威ではないでしょうか。なんせ、今の制度下では、顧客の立場から考えれば自動解約サービスは毎月分配型より全てにおいて優れています。
しかし、売り手側が困るのでなかなか広まらないでしょうね。



ロンダリング分配金などより自動解約

先の『「レアルヘッジ」 元本を分配原資にロンダリングする魅惑の錬金術』で、高金利通貨へのヘッジは元本を分配金にロンダリングして分配金原資を確保する仕組みだと書きました。

このような仕組みを画期的とする声もありますが、残念ながら私はそうは思いません。

わざわざロンダリングして毎月の分配金を出す必要はないでしょう。無分配型の投資信託で自動解約サービスを提供すればいいだけです


・野村証券:定時受取りサービス
・SMBC日興証券:定期引出サービス
・ありがとう投信:ライフサポートサービス

野村証券の定時受取りサービス、・SMBC日興証券の定期引出サービスでは、解約額を金額でも口数でも指定できます。また、毎月だけではなく、隔月での解約も可能です。このサービスがあれば、毎月分配型の投資信託は不要です。無分配型の投資信託を自動解約していけば、分配金と同じように口座に現金が振り込まれます。



投資信託の分配金=自動解約

投資信託の分配金は、投資信託の自動解約と同じです。
(会計上や税法上の区分などは違いますが、今の各種制度他を考えると分配金はほぼ自動解約と同じと考えていいでしょう)

(1)分配金利回り
(2)自動解約率

 または
(1)毎月の分配金を基準価額で割って12を掛けた数字、もしくは過去1年の分配金合計額を過去1年の平均基準価額で割った数字
(2)毎月自動的に解約される金額を基準価額で割って12を掛けた数字、もしくは過去1年に自動解約された合計額を過去1年の平均基準価額で割った数字


(1)(2)のどちらの方が響きがいいでしょうか?

実はどちらも同じことです。
毎月分配型投資信託は、毎月自動的に解約することと同じです。

毎月分配型投信の「分配金利回り」とは、「運用会社がどれだけ投資資金を自動的に解約して投資家に返金しているか」という数字です。この数字が高いほど、運用会社が毎月多くの金額を投資家に返金にしていることを示します。
つまり、分配金利回り=自動解約率とも言えます。

さて、「分配金利回り」(自動解約率)が高いファンドが良いファンドでしょうか?
毎月、元本に対してより多くの金額を解約して投資家の口座に返却するファンドが、です。

分配金と言われるとボーナスのようなお得なものと思って嬉しいかもしれませんが、自動解約です。
自動的に毎月解約されるファンドを持つことは嬉しいことでしょうか?
毎月多くの金額が地頭的に解約されるファンドを選ぶことが嬉しいことでしょうか?

毎月自動解約型ファンド(毎月分配型ファンド)を選ぶ時には、これを考えた方がよいかと思います。



私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives