吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



育児

妻が仕事に復帰

(4月1日も過ぎたことだし、平常運用に戻ります)

4月になりました。
無事に息子も保育園に預け出し、いよいよこの4月から妻が仕事復帰です。最初は特別休暇のために出社しないのですが、もうすぐです。
娘と息子を保育園に預けて共働きになるのですが、これで家のことと仕事を回せるのか非常に不安。仕事終わって子ども2人を迎えて帰って…でご飯作れるんかい?平日の日中は二人ともいないというのに掃除や洗濯はいつやるんだい?
投資とか言ってる場合じゃないというくらいに、いろいろな不安があります。

エンジン1基じゃ出力不足で不安がためにエンジン2基にしているのですが、それはそれでまた忙しさという別の不安が生まれるわけです。難しい。


やれば慣れるものでしょうか…







出産育児一時金増額は家計を助けているのか?

このブログで何度も取り上げている子ども手当関連ネタです。

子ども手当の財源確保ということで、高所得者の配偶者控除廃止案などが報じされています。これに関してもに子ども手当不要論をよく見かけます。そして、子ども手当なんかより、出産一時金の増額や保育園の増設に当てろという意見もあります。
保育園の増設や出産一時金の増額は家計を助けるのでしょうか?


今回は出産育児一時金について。

出産時に出産費用の補助として、出産育児一時金があります。子育て家庭支援という理由でこの増額を求める声があります。しかし、これは家計を助けるのでしょうか?
出産育児一時金は2009年10月に38万円から42万円に引き上げられました。これで家計が助かったかというと・・・日本産婦人科医会の調査にあったように、値上げした病院が多数ありました。出産育児一時金が増額されても、その分が出産費用が増えたので、家計にゆとりを出す効果が小さかったのが実情でした。
「子育て世代支援としての出産育児一時金増額」派はこの現実を踏まえて主張しているのでしょうか?子ども手当が子どものために使われるとは限らないと言いますが、出産育児一時金は子育て世代の家計ではなく産科に渡ってしまいました。

出産費用」のような、どうしてもその時に必要な費用は、値上げをしやすい項目です。例えば、大学の学費も物価上昇率以上に上昇していますが、これも学歴が社会で重要だから大学に行くことが必要と思われているからこそ値上げできます。
特定の項目(例えば出産時のみ)にだけお金を払う形にすると、このような現象を呼び起こしやくくなります。
児童手当や子ども手当のような現金給付の場合は、このような値上げは起こりにくくなります。どこにお金が使うかは利用者側の判断ですので、勝手にあるサービス提供者だけが値上げをするのは難しくなります。所得税減税なども便乗値上げを引き起こしません。
出産育児一時金を増額した場合、増額分はどこかに消えうせるわけではありません。苦境の産科の収入アップにつながり産科にとっては助かる話です。しかし、出産育児一時金増額が、目的の子育て世帯支援になるかについては議論がなされるべきでしょう。一時金増額が本来の趣旨を果たせるようになるには、産科に関する医療制度・体制の変革まで考慮しないといけないのです。単なるポピュリズムで理念だけ立派で実効性がない政策のでは意味がありません。(これは子ども手当にも言えます)



認可外(認証)保育園を確保

先日も書いたとおり、認可保育園には落選してしまいました。

しかし、いくつか申し込んでいた認可外(認証)保育園の1つから入園可の連絡がありました!!
ひとつ先の駅になりますが、申し込んで1つの保育園を確保です♪

これで妻は復帰可能になり、吊られた男家としてはまずは一安心。四月からの復帰に向けて大きな一歩を踏み出しました。


でも、実際に復帰するかは・・・どうましょうかね。
妻の収入を取るか子どもといて貰う時間を取るか、悩んでいます。



私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives