吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



目論見書

コインチェックのセキュリティページから見る投資案件・商品説明の読み方

coincheck_security


最近は仮想通貨界隈のコインチェック社のNEM盗難事件が話題を集めています。

そんなコインチェック社のサイトを見ていると興味深いページを見つけました。
コインチェックのセキュリティ(サービスの安全性) というページです。 (※archive.isのアーカイブページ)

このページが投資案件・商品の説明を読む際のよい例になりそうなので,少し見ていきましょう。
読むポイントは「何が書いてあるのか」「何が書いていないのか」です。

コインチェックに限らず,投資案件・商品にはいろいろな説明があり,当然「何が書いてあるのか」は非常に大事ですし,「何が書いていないのか」を見ることも非常に大事になります。

さて、それではコインチェックのセキュリティ(サービスの安全性) というページを見ていきます。


序文では,ビットコインだけしか安心な環境と言っていない

coincheckでは、システムの安定性、セキュリティ認証強化や短時間でスムーズな取引を保証する堅固なサービスを持って、お客様に安心してビットコインを扱える環境を整えています。
本ページでは、いくつかの項目に分けて、coincheckのセキュリティについて説明いたします。
10を超える仮想通貨を取り扱っているサービスが,セキュリティの説明としてリンクいるページですから、当然「coincheckのセキュリティ」について語るはずあり,序文の最後もそう結んでいます。

しかし,その序文の中で「お客様に安心してビットコインを扱える環境を整えています」とビットコインだけ安心宣言をしています。

仮想通貨全体が安心な環境なら「お客様に安心して取引していただける環境を整えております」のような表現が自然そうですが,ここでビットコインについては安心と書いていて,他通貨については安心と書かないというおとは,他通貨は安心できる環境ではないとも読めます。

●書いてあること:ビットコインは安心な環境
●書いてないこと:他の仮想通貨の安心な取引環境


コールドウォレットはビットコインだけ?

当時、Mt.GOX(マウントゴックス)のコールドウォレットの管理は完全なオフライン状態で行われていなかったため、安全性が確保されていませんでした。
coincheckでは、お客様からの預り金の内、流動しない分に関しては安全に保管するために、秘密鍵をインターネットから完全に物理的に隔離された状態で保管しています。
コールドウォレットを使っていなかったMt.GOXの事例を出して,「我が社は違います」宣言をしています。
この説明だけを読むと,あたかもcoincheck社の仮想通貨はコールドウォレットで守られているかのように読めます。

しかし,今回話題になったNEMはホットウォレットから盗まれたように,コールドウォレットを使っていませんでした。

この文章,本文中には一切ビットコインという記述が無いのですが,中見出しが「コールドウォレットによるビットコインの管理」となっていて実に巧妙です。序文からcoincheckの説明をすると言っていたのに,実はここではビットコインのことだけを話しているという罠です。
これは仮想通貨全体がコールドウォレットで守られていると勘違いする顧客がいてもおかしくないですね。

しかし,実際に盗まれたNEMはホットウォレットにあったわけです。

ビットコインしか言及していない箇所というのは,その裏を読んで「他仮想通貨はそうではない」という読み方もしてみた方が良いかもしれません。


ビットコインは流用しないが,他通貨については言及無し

お客様の情報は全て暗号化し、保管しております。
弊社従業員がお客様の情報を見たり、そこからビットコインを流用することもありません。
「顧客情報データベースの暗号化」という中見出しに書いてある記述で面白い。
ここでも,わざわざ"ビットコインを"と書いてあります。

顧客の仮想通貨を流用しないのは当然なので,普通にあるべき記述は「お客様の仮想通貨を流用することもありません」などなるはずですが,仮想通貨全体ではなく流用しないと言っているのはビットコインだけです。

「コールドウォレットによるビットコインの管理 → NEMはコールドウォレットで管理するとは言っていないし,管理していない」という流れで読むと,「ビットコインだけは流用しない → NEMや他仮想通貨については流用しないとは言っていない」となりますが……如何に?




さて,このページの文言がどこまで練られて作られたものかは分かりません。

私が上で書いたように,ビットコインについての安心できるセキュリティの説明を混ぜることであたかもサービス全体が安心かのように思いこませる狙いがあったのかもしれません。

それとも,特にそんな深い考えは無くてテキトーに書いていたからビットコインや仮想通貨全体の話が混ざっているイケていない文言になっていたのかもしれません。

仮に後者だとするならば,セキュリティに対する説明をする大事なページの記述に対するいい加減さが伝わってきて,セキュリティ意識に非常に不安を感じてはしまいます。



コインチェック社に限らず,他の投資案件・商品でも同じように気をつけましょう

コインチェックの文言はあくまで一例です。

コインチェックのコールドウォレットの説明が,実はビットコインのことしか書いていなかったように,投資案件・商品の説明というのは「何が書いてあるのか」「何が書いていないのか」を理解することは非常に重要です。


「仮想通貨なんてやるから駄目なんだよ」ではありません。銀行などが売っている合法的商品でもかなり胡散臭い商品はたくさんあります。

そこには顧客を捉まえるために魅力的な言葉を並べつつ,罠や地雷を嘘をつかずに巧妙に隠そうとしています。

3階建て・4階建て投信みたいなものを買っていたら「日本株に投資したから日本株が上がったら大儲けできると思っていたのにおかしい」みたいなこともありえます。

「何が書いてあるのか(オプションプレミアムを貰えます)」「何が書いていないのか(オプションプレミアのために日本株の値上がり益は放棄します)」は気を付けるようにしましょう。







あなたの声が投資信託の目論見書/運用報告書を変える! (目論見書/運用報告書一部改正案へのパブコメ募集)

papers

「交付目論見書の作成に関する規則」及び「投資信託及び投資法人に係る運用報告書等に関する規則」等の一部改正について (投資信託協会 パブリックコメント一覧)

投資信託協会が「交付目論見書の作成に関する規則」及び「投資信託及び投資法人に係る運用報告書等に関する規則」等の一部改正案を取りまとめ、それに対するパブリックコメントを募集しています。

●募集期間: 平成26年5月1日(木)〜平成26年5月20日(火)


主な改正点については※【別紙1】「交付目論見書の作成に関する規則」及び「投資信託及び投資法人に係る運用報告書等に関する規則」等の一部改正の概要(140501).pdfに載っているので、まずはこれを読んでいただきたい。

その後、詳しくはパブリックコメントのサイトにある6つの資料を読んでほしいのですが、私が注目したのは以下の3点。

続きを読む



目論見書のルールを守ろうとしない公募投信はダメ (みのりの投信)

みのりの投信という存在をネットで知りました。ポートフォリアという会社が運用する2013年4月30日設定の投資信託で楽天証券等で購入できます。

そして、この投資信託が全くイケてないので、題材として取り上げさせていただきます。

みのりのみのりという月次レポートを発行しています。
その中で以下のような内容を公表しています。
minori_toushin

現金等が85%超と非常に特徴的です。現金比率が高いこと自体は運用としてあってもいい選択肢です。

しかし、みのりの投信では非常に問題です。

目論見書を見ると株式への実質投資割合は原則として信託財産の純資産総額の50%を超えるものとしますという記述があるのです。
株式比率14.3%は明らかに目論見書のルールに反します。


今しばらくは、株式組入比率の上昇や本格的な海外株式の組入れのタイミングをじっくりと待ちつつ、微調整を続ける方針です。
こんな言い訳もしていますが、これはアウトじゃないですかね。


投資信託は、あくまでルールに従って運用されるファンドです。
新興国株式に投資しますと目論見書に書いたファンドが、日本国債と現金のみという運用は許されません。
TOPIX連動を目指しますというインデックスファンドが30銘柄厳選投資をすることは許されません。
グロース株に投資するファンドが、「今の時期はバリューが有利じゃないかな」というファンドマネージャーの判断によってバリュー投資に切り替えることは許されません。
投資信託はファンドマネージャの腕が試される場でもありますが、あくまでその投資信託のルールに従った運用の範疇での判断でしょう。

株式組入れ比率についても同様で、条件があるならその範囲内で運用しないとダメ。どうしても自分の思うように株式比率を決めたいというなら「株式への実質投資割合は原則として信託財産の純資産総額の50%を超えるものとします。」のようなルールは初めから設定しなければいい。


いずれにしても、その投資信託の運用方針として定めたルールを守らない投資信託は糞。



10/26にeMAXISの交付目論見書が最新フォーマット(簡略化版)へ変更

目論見書がこの7月から順次簡素化されています」で目論見書簡素化に触れましたが、私が購入しているeMAXIS新興国株式インデックスの交付目論見書が新しくなっていました。
本日eMAXIS新興国株式インデックスを購入しようとしたら、目論見書を読めという画面が出たので気がつきました。

購入後にeMAXISシリーズの他ファンドも見ましたが他ファンドも交付目論見書が新しい簡略化版フォーマットに変わっていました。
新しくなった交付目論見書は全部で8ページ。概要の概要程度しか記述されていません。これでいいと思います。詳しい情報を知りたければ請求目論見書を見ればいいのです。

今回eMAXISは何故か有価証券届出書を出したようですが(届出書提出の理由は連絡者の変更?)、STAMやCMAMのようなライバルはいつ簡略化版になるのでしょうか。今回のeMAXISの目論見書変更はライバルとの差別化戦略とは別のところが理由かもしれませんが、気になります。



目論見書がこの7月から順次簡素化されています

いよいよ目論見書が変わる!!だが・・・でも書きましたが、目論見書がこの2010年7月から順次変わっています。


そこで、今日時点ですでに目論見書が変わっているファンドとして、ダイワ・アジア新興国株ファンドの交付目論見書を比較してみました。
2010年7月の目論見書
2010年2月の目論見書


まず、明らかに違うのはページ数。
ダイワ・アジア新興国株ファンドの2010年2月の交付目論見書は127ページあります。しかし、7月の目論見書はたったの8ページです。

そして、7月の目論見書はカラフルになっています。簡略化されていることと相まって各セクションとポイントが分かりやすくなっています。例えば、価格変動リスク/基準価額の変動要因のセクションも7月の方が直感的に分かりやすいでしょう。


また、新しい目論見書には運用実績が簡単にまとめられています。これは運用報告書に入っていそうな内容ですが、これが交付目論見書で分かりやすく書かれているのはいいですね。


吊られた男の評価
今の目論見書の作りは大歓迎です。
従来の目論見書は交付目論見書も請求目論見書もほとんど違いがみられませんでした。何のために目論見書が2つあるのかよく分かりませんでした。
しかし、今回は交付目論見書を明確に簡略化することで、明らかに交付目論見書と請求目論見書に違いが見られるようになりました。
  ファンドの概要を知る⇒交付目論見書
  ファンドの詳細を知る⇒請求目論見書



目論見書の簡素化にはあまり期待していませんでしたが、今のところ期待以上です。





ただし・・・
交付目論見書では運用管理費用(信託報酬)と書かれているのに、請求目論見書では運用管理費用という用語が無く、信託報酬だけで説明されているような点は気になります。
他にもこういう表現の違いはあるのかもしれません。



私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives