吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



毎月分配型

投資信託の分配金原資の流れがよく分かる良い資料 (中/上級マニア向け)

coins
投資信託の分配金原資について、理解している人はどれほどいるでしょうか。中の人を除けばその実際のところを理解している人は多くないと思われます。

分配金の原資の話になると思い出すのが、日経新聞の2012年1月27日の投信「配当しすぎ」に歯止め 金融庁が法改正検討という記事。以下のような図が紹介されています。
なんとなく説明っぽいことがされていますが、この説明で分配金原資について理解できた人はいないと思います。(この説明は端折りすぎていて、ある意味不正確)
toushin_bunpaikin_nikkei


分配金の原資については、当ブログで分配金規制がおかしな分配金システムを促進するにも書いたように『投資信託財産の評価及び計理等に関する規則』の第5編(第54条〜第63条)に規定されています。ここに書かれているルールのとおりです。

しかし、この規則を読んで理解しようとするような人はほとんどいないでしょう。実例もないですし、一般人にわかりやすいとは言い難い。そんな中、比較的分配金原資について分かりやすい説明がされている資料がありました。
続きを読む







資金取り崩しニーズに応えている毎月払出しファンドの現状と分配金ニーズ

りそな 毎月払出しファンド


りそな銀行が販売している投資信託で「毎月払出し」シリーズがあります。毎月分配型の投資信託ですが、他の一般的な毎月分配型の投資信託と異なる仕組みをもっています。
それは、毎月の分配金の金額が事前に定額で決められていることです。

毎月分配型投信には「運用会社が勝手に払戻額を決めてしまう」という致命的な問題がありました。
分配金が大きく引き下げられたり、客寄せのために分配金を増やしたり・・・と運用会社の都合で払戻金が決まっていました。


従来の毎月分配型の投資信託は上記のような致命的な問題がありました。

毎月分配型にニーズあるという主張の一つとして「リタイア/年金受給世帯が運用資産を取り崩して年金だけでは足りない分を補完するニーズがある」がありますが、そうであれば、従来の毎月分配型投信はそのニーズに応えてはいませんでした。
運用会社が勘案して分配金額を引き上げたり/引き下げたりするので、年金の補完として安定的に必要な額を取り崩すというニーズには応えられていませんでした。


上記は以前に示した純資産総額ナンバー1ファンドのフィデリティ・USハイ・イールドFの基準価額と分配金ですが、分配金の金額は運用と販売戦略の都合からコロコロと変わっています。これでは、仮に「リタイア/年金受給世帯が運用資産を取り崩して年金だけでは足りない分を補完するニーズがある」としても困る話です。

さて、上記のようなニーズがあるとすれば、それに応えるために設計されたのが、りそなの「毎月払出し」シリーズです。

続きを読む



毎月分配型ファンド自身を潰す分配金競争

先のその高分配の毎月分配型投信、基準価額は元に戻らないし分配金は減りますよの続編です。この時は純資産総額トップのフィデリティ・USハイ・イールドFの基準価額及び分配金の推移を見ました。

今回は純資産総額第2位の新光 US-REITオープン 『愛称:ゼウス』でも同じようなグラフを作ってみました。
bunpai_shinkoreit

アメリカのREITとアセットは違いますが、基準価額及び分配金についてはフィデリティ・USハイ・イールドFと同じような傾向です。(低分配⇒分配金増額⇒基準価額大幅低下後にさらに大幅に分配金増額⇒分配金減額)

しかも、今の新光 US-REITオープンは基準価額が4500円程度に対して分配金が月75円ですので、フィデリティ・USハイ・イールドFよりも基準価額低下圧力は強くなっています。

続きを読む



その高分配の毎月分配型投信、基準価額は元に戻らないし分配金は減りますよ

checklist


毎月分配型投信の分配金で将来設計をしているブログなどをときどき見かけます。その場合、高い分配金を出す投資信託に投資していて、その受取分配金の金額を将来のインカムゲインとして想定していることが多い。

具体的な例の一つとしては「Aファンドに投資していて今の分配金は毎月5万円。将来的には投資額を増やしていって分配金を毎月30万円にしてリタイア…」のようなものです。


しかし、この皮算用はまずい。
分配金が多い投資信託は基準価額がどんどん下がるし、想定している分配金はもらえなくなります。



現在の毎月分配型投信で純資産総額トップはフィデリティ・USハイ・イールドFです。このファンドの基準価額と分配金の状況をグラフにしてみました。(データはモーニングスターから)

続きを読む



分配金は部分解約と同じです - NISAも始まったし基本に立ち返る

さて、NISA (少額投資非課税制度)も始まりました。これで投資を始めた人もいるようなので、Back to Basicsということで、分配金について書いておきます。
NISAでも依然として毎月分配型投信が人気のようです。分配金のことをわかって買っているならいいのですが、ちゃんと理解せずに買っていないか心配になります。

説明では無分配のファンドA毎月分配のファンドBを使います。そして共に運用損益0かつ税金/手数料無しと仮定して、部分解約再投資分配金再投資を比較します。

結論:分配金は部分解約と同じです


以下にステップバイステップで説明します。
続きを読む



私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives