吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



投信

「新興国株式インデックス・オープン(SMA専用)」が「SMT新興国株式インデックス・オープン」の実質コスト急騰の原因


※注意: マニアなインデックス投資家向けの情報です




上記のブログなどで、低コストインデックスファンドのSMTシリーズで「SMT新興国株式インデックス・オープン」の実質コストが急騰したということが書かれています。

実質コストは年率換算で約1.14%であり、これはマザーファンドである「新興国株式インデックス マザーファンド」の株式売買比率は0.96とインデックスファンドとしては非常に高い数字だったことが大きな要因のようです。

資産形成は時の流れにまかせて。いっさんがその理由を電話で確認したところ以下のような回答があったとのことです。
このSMT新興国株式インデックス・オープンと同じマザーファンドのベビーファンドで大きな解約が入ったカタチになった(詳細は社外秘なのだそうですが、ラップ口座の販売戦略の影響で、ベビーファンドごと切り離すような大型な解約がマザーファンドに入ったカタチになった)とのことで、今回、突発的に売買高比率が上がって、売買高比率、有価証券取引税、保管費用等に大きな影響があったということです。

そこで、実際にどのベビーファンドか大量解約したのか調べてみました。

続きを読む







大手運用会社の三井住友アセットマネジメントが投資信託を直接販売へ

market

すでに多くの投資信託マニア投資信託ブログで取り上げられていますが、三井住友アセットマネジメントが投資信託のネット直販を始めるという報道がありました。 (※ソースは日経)

三井住友アセット、投信をネット直販 手数料抑える(日経新聞)
 大手資産運用会社の三井住友アセットマネジメントは、インターネットを通じて投資信託を個人に直接販売する事業を2015年度から始める。
 来年4月をメドに専用ファンドを数本つくり、ネットで販売を始める。日本株で積極的に運用するタイプや、株や債券などに分散投資するバランス型運用の商品を投入する計画だ。

三井住友アセットマネジメントと言えば、モーニングスターによるとDC専用/ラップ口座専用を除いて224本もの投資信託を運用している運用会社です。たとえば、以下のような投資信託を運用しています。
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・レアル
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・豪ドル
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・ランド
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・資源国
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・米ドル
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ・レアル(年1)
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・リラ
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・ペソ
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・円
    • ブラジルインフレ連動債F毎月(H無)
    • ブラジルインフレ連動債F資産(H無)
    • ブラジルインフレ連動債F毎月(円・ユーロ)
    • ブラジルインフレ連動債F毎月(円・米ドル)
    • TPP戦略株式ファンド
    • シナプス(Synapse)
    • YOURMIRAI 米国株マキシマム・ブル
    • YOURMIRAI 日本株マキシマム・ブル
    • YOURMIRAI 欧州株マキシマム・ブル

…って、例がよくない?
面白そうなのを引っ張ってきてしまいました。

続きを読む



毎月分配型ファンド自身を潰す分配金競争

先のその高分配の毎月分配型投信、基準価額は元に戻らないし分配金は減りますよの続編です。この時は純資産総額トップのフィデリティ・USハイ・イールドFの基準価額及び分配金の推移を見ました。

今回は純資産総額第2位の新光 US-REITオープン 『愛称:ゼウス』でも同じようなグラフを作ってみました。
bunpai_shinkoreit

アメリカのREITとアセットは違いますが、基準価額及び分配金についてはフィデリティ・USハイ・イールドFと同じような傾向です。(低分配⇒分配金増額⇒基準価額大幅低下後にさらに大幅に分配金増額⇒分配金減額)

しかも、今の新光 US-REITオープンは基準価額が4500円程度に対して分配金が月75円ですので、フィデリティ・USハイ・イールドFよりも基準価額低下圧力は強くなっています。

続きを読む



その高分配の毎月分配型投信、基準価額は元に戻らないし分配金は減りますよ

checklist


毎月分配型投信の分配金で将来設計をしているブログなどをときどき見かけます。その場合、高い分配金を出す投資信託に投資していて、その受取分配金の金額を将来のインカムゲインとして想定していることが多い。

具体的な例の一つとしては「Aファンドに投資していて今の分配金は毎月5万円。将来的には投資額を増やしていって分配金を毎月30万円にしてリタイア…」のようなものです。


しかし、この皮算用はまずい。
分配金が多い投資信託は基準価額がどんどん下がるし、想定している分配金はもらえなくなります。



現在の毎月分配型投信で純資産総額トップはフィデリティ・USハイ・イールドFです。このファンドの基準価額と分配金の状況をグラフにしてみました。(データはモーニングスターから)

続きを読む



日本でバンクローンファンドが始まったが、本家のアメリカではピークアウト?



2013年半ばから相次いで登場してきた新しいタイプのファンドとしてバンクローンファンドがあります。

【参考】
USハイ・イールド債に投資するファンドがグロソブを抜いて純資産額トップになったように、高い分配金を安定的に(!)出す仕組みのファンドが求められてきました。
その中で高金利通貨を買う為替ヘッジを使ったり株式オプションを使ったり…とさまざまなファンドが生み出されてきました。

その流れを受けてバンクローンファンドも登場しました。

続きを読む



私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives