吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



投信

「投資信託で46%の人が損」「家計の保有投信残高大幅訂正」に思うデータの読み方

adventure
投資信託に関して最近2つの面白いデータの話がありました。

1つは投資家の多くが投資信託で損を抱えているという話です。

銀行の投資信託、46%の個人が「損」 金融庁問題提起 (朝日新聞)
金融庁が主要行9行と地方銀行20行の窓口で投信を買った客全員の今年3月末と購入時の投信の評価額を比べた。顧客が払う手数料も引き、実質的な「手取り」を試算すると、46%の人の運用損益がマイナスで、損をしていたという。購入した時期にもよるが、株価が上昇基調で比較的「損をしにくい」環境のなかで、比較的多くの人が損をしていたことになる。


もう1つは実は家計が保有する投資信託の残高が33兆円も過大に計算されていたというニュースです。

日銀、33兆円も下方修正 家計の投信保有残高 (日経新聞)
 日銀は6月27日に1〜3月期の資金循環統計を発表した。目を引いたのは家計が保有する投資信託の残高だ。3月末時点で73兆円強と、3カ月前に発表した昨年12月末時点の残高(109兆円)から36兆円も減少した。個人が売却したり、運用成績が急速に悪化したりしたせいではない。「新たな基礎資料等を採用し、部門別の残高を精緻化した」(日銀)ためだという。

これらに関してはいくつかのブログやニュースでも取り上げられています。内容への解説はそちらへお任せしますが,この2つのニュースを聞いて面白いと思ったのはデータの見方です。

続きを読む







東証マネ部! にて「おススメの投資先」として取材記事が掲載されました

tosho_manebu


東証マネ部!及びR25に取材記事が掲載されました。
●東証マネ部!:投資ブロガー3人が推薦!オススメの投資先
●R25:投資ブロガー3人が推薦!オススメの投資先

ブロガー3人って誰だ……となると,私以外の2人は以下のようになります。
…………… (沈黙)

この3人でまとめて記事というだけでも謎の濃さがあります。この狭いブロガー界隈ではこれだけで記事にできそうでもあります。
なんてくだらないことを書いていないで本題へ移ります。


続きを読む



定額分配なら毎月/隔月分配型投資信託も利用価値が出てくる

分配金 配当金 Dividends
Dividends / lendingmemo

約1年前に資金取り崩しニーズに応えている毎月払出しファンドの現状と分配金ニーズとブログに書きました。

そこで前回から1年経つということで続編を用意していたところ、夢見る父さんのコツコツ投資日記にて毎月分配型は必要なのかもという記事がアップされていたので、このタイミングで続編を書いてみたいと思います。

続きを読む



「新興国株式インデックス・オープン(SMA専用)」が「SMT新興国株式インデックス・オープン」の実質コスト急騰の原因


※注意: マニアなインデックス投資家向けの情報です




上記のブログなどで、低コストインデックスファンドのSMTシリーズで「SMT新興国株式インデックス・オープン」の実質コストが急騰したということが書かれています。

実質コストは年率換算で約1.14%であり、これはマザーファンドである「新興国株式インデックス マザーファンド」の株式売買比率は0.96とインデックスファンドとしては非常に高い数字だったことが大きな要因のようです。

資産形成は時の流れにまかせて。いっさんがその理由を電話で確認したところ以下のような回答があったとのことです。
このSMT新興国株式インデックス・オープンと同じマザーファンドのベビーファンドで大きな解約が入ったカタチになった(詳細は社外秘なのだそうですが、ラップ口座の販売戦略の影響で、ベビーファンドごと切り離すような大型な解約がマザーファンドに入ったカタチになった)とのことで、今回、突発的に売買高比率が上がって、売買高比率、有価証券取引税、保管費用等に大きな影響があったということです。

そこで、実際にどのベビーファンドか大量解約したのか調べてみました。

続きを読む



大手運用会社の三井住友アセットマネジメントが投資信託を直接販売へ

market

すでに多くの投資信託マニア投資信託ブログで取り上げられていますが、三井住友アセットマネジメントが投資信託のネット直販を始めるという報道がありました。 (※ソースは日経)

三井住友アセット、投信をネット直販 手数料抑える(日経新聞)
 大手資産運用会社の三井住友アセットマネジメントは、インターネットを通じて投資信託を個人に直接販売する事業を2015年度から始める。
 来年4月をメドに専用ファンドを数本つくり、ネットで販売を始める。日本株で積極的に運用するタイプや、株や債券などに分散投資するバランス型運用の商品を投入する計画だ。

三井住友アセットマネジメントと言えば、モーニングスターによるとDC専用/ラップ口座専用を除いて224本もの投資信託を運用している運用会社です。たとえば、以下のような投資信託を運用しています。
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・レアル
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・豪ドル
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・ランド
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・資源国
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・米ドル
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ・レアル(年1)
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・リラ
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・ペソ
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・円
    • ブラジルインフレ連動債F毎月(H無)
    • ブラジルインフレ連動債F資産(H無)
    • ブラジルインフレ連動債F毎月(円・ユーロ)
    • ブラジルインフレ連動債F毎月(円・米ドル)
    • TPP戦略株式ファンド
    • シナプス(Synapse)
    • YOURMIRAI 米国株マキシマム・ブル
    • YOURMIRAI 日本株マキシマム・ブル
    • YOURMIRAI 欧州株マキシマム・ブル

…って、例がよくない?
面白そうなのを引っ張ってきてしまいました。

続きを読む



私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives