吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



借金

山崎元氏の獨協大学の「金融資産運用論a」春学期試験問題の回答を考えてみる




楽天証券の「ホンネの投資教室」に第226回 真夏の運用常識テストとして、山崎元氏が獨協大学にて担当されている「金融資産運用論a」の春学期試験問題が掲載されていましたので、アルコールの入った頭で少し回答を考えてみました。(文字数制限はシカト)
続きを読む







リボ払いと人生、どちらをやめる?

タイトルは少し誇張していますが、そういうことです。


リボルビング払い、通称リボ払い

毎月決まった額を支払う分割払いですが、全くお勧めできません。
最近のクレジットカードにはリボ払いの機能がついているカードが多くあります。リボ払い専用のカードもあるくらいです。
このリボ払いですが、毎月の支払額が極めて低く抑えられており、支払いの負担感が低くなっています。
10万円の債務があっても月の支払いは5千円のようになっています。このように負担感が少ないせいか、リボ払いを利用している人も結構いるようです。


しかし、リボ払いをしながら人生を楽しく過ごすことはかなり困難ではないでしょうか。
会社やカードによって異なりますが、リボ払いの金利は15%程度になります。金利が高いとされるネットバンクの1年定期預金ですら0.5%を下回るような時代に15%です。

しかも、月々の支払額が少ないということは、元本の返済額が小さくて金利の支払いが多いということです。
金利が15%だとしても、実際の支払は元本の15%よりはるかに多い金額を金利として払うことになります。

よほどの資産家や高収入でもないかぎり、これだけの金利を払っていてはお金がすぐに無くなります。
そもそも、リボ払いを選択するような人は、一括で払えないからリボにしていることがほとんどでしょう。そんな人が高い金利を支払っていては、お金に困るために行動しているようなものです。自殺行為とも言えます。
もしくは、そこまでして金融機関の人の高い給与のためにお金を払ってあげるということは、どれだけ金融機関の人を愛しているというのでしょうか。

お金は人生にとっては重要です。リボ払いは、人生において重要なお金を失うために最適なツールの一つです。


リボ払いをやめますか?それとも人生をやめますか?



日本の借金5271兆円、対外純資産241.1兆円、日本政府資産467.6兆など

はっきりと調べたことはなかったのですが、日本の借金(負債)総額は5271兆円なんですね。私は勝手に4000兆円くらいだと思っていましたが、1000兆円以上のギャップ・・・凄い金額です。

○974.9兆円が中央+地方の負債。
 ⇒846兆が中央政府の負債
○対外純資産は241.1兆円
 ⇒日本は世界最大の債権国
○日本の政府資産は467.6兆円
 ⇒世界最大の資産を保有する政府

面白い。


「国の借金」846兆円に増加 1人当たり663万円 (MSN産経)
こんなニュースもありますが、上のようなデータを考慮すると、日本は借金を返せなくなるのだろうか?

よくGDP比の国債割合とか、税収に対する割合などで危機的状況と煽られているように思いますが、私はアルゼンチンやロシアのデフォルトのような事態にはならないと思っています。


参考:
日本の財政問題に関するマスメディアのミスリード』 (三橋貴明の「経済記事にはもうだまされない!)
世界最大の“金貸し国”は日本だって知ってた?』(R25)



生かさず殺さずのリボ払いが増加中とのこと

カード決済、「リボ払い」が増加 大手5社 08年末残高15%増 (NIKKEI NET)
カード大手5社の2008年末のリボ利用残高は7400億円と、1年前に比べて15%増加した。
経済産業省の調べでは08年のカード利用額(キャッシング除く)は07年比7%増の約30兆円にとどまっており、リボ払いの伸びが際立つ。
カード利用額の伸びが7%の中で、(大手5社の残高データだけとはいえ)リボ払いの残高増加ペースが15%と、リボ払いは人気のようです。





カード会社に年利十数%の手数料を払えるような金持ちがそんなに増えたということでしょうか!?



・・・という皮肉は置いといて、このあたりに格差固定化の一端が垣間見える気がします。

(1)現金払い
(2)クレジットカード一括払い(ボーナス一括払い)
(3)クレジットカード○回分割払い
(4)キャッシングして現金払い
(5)クレジットカードリボ払い

だいたい買い物する時には上のような方法があります。(厳密には商品券を金券ショップ購入して商品券で商品を買うなどもありますが、ここでは割愛します。)
この支払い方法の中で、学生バイトやフリーターや若手サラリーマンなど、お金に余裕がない人ほど(3)(4)(5)の方法を利用している気がします。

でも、これって本当は逆ですよね。お金に余裕がない人ほど(3)(4)(5)は選択すべきではありません。べらぼうに高い金利がつくからです。
ただでさえ、お金に余裕がないのに10万円のものに11万も12万も払っていたらなおさらお金がなくなります。でも、それを選択してしまうという矛盾。

キャッシングは借金なので、"マズイ"ことがわかりやすいでしょう。多くの人が正しい認識をしていると思います。しかし、リボルビング払いにはまだあまり抵抗感がない人が多いようです。実はこれってかなりキツい支払い方法です。よほど小額で2,3回で支払いが終わるような買い物であるか、経済的に余裕があるかしないとかなり財政に影響を与えます。
毎月の支払額が1万円のリボ払いで30万円買い物すると、月の利子が1%として36回払いで合計35万8378円を支払うことになります。支払いの最後の方こそ元金が減ったので、元金の返済率が高くなっていますが、初回は1万円の支払いのうち30%が利子で元金返済は7000円のみという高金利です。

預金金利が低く、給与も上がりにくく、サラリーマンはなけなしの昼食代を削ったりしている中、支払い金利が返済額の数十%を占めるのはかなりきつい。しかし、そんな選択を経済的弱者こそがしてしまうという現実。


金持ちはクレジットカードで一括払い。ポイントやマイルがたまって嬉しいな。
貧乏人はクレジットカードでリボ払い。金利の支払いで四苦八苦。


こんなことでは格差の固定化にもつながるわな、なんて思ったりもします。



ご利用は計画的に?? 消費者金融さん・・・

電車の中吊り広告のお話です。

2008年の夏のボーナスの時期にもアコムから【アコムの新提案 ボーナス+アコム】というトンでも提案がありました。円グラフを書いてボーナスで足りない分はアコムで借りましょうという広告です。オイオイ、ボーナス出た時点で足りない分を消費者金融で借りているようじゃ、債務整理〜自己破産一直線では・・・

なんて思っていたら今日もまたおもしろ広告を発見しました。
【給料は彼女の方が高くても、クリスマスは、ご馳走してあげたい】(by キャッシュワン)
三菱東京UFJ銀行グループを結構売りにしているキャッシュワンです。

ええっと・・・クリスマスってことは、ボーナスがあればボーナス出たころですよね?まずご馳走するくらいのお金はあると思います。ボーナスあってご馳走代を消費者金融に頼っているようじゃ、もう経済的に終りです。
さらに、広告には小さく「そんな男に女は弱い」というような煽りメッセージまで付いていますが、そんな男は嫌だと思います。

ボーナスがなくても、クリスマスなんて全く予定外なイベントじゃないですよね。数ヶ月前からクリスマス(クリスマスイブ)は12月後半にあることは分かっています。いや、10年前からわかっているはずです。だったら、高級料理でも数万程度なんだから、ローンで借りずに計画的に用意しておけと。


○ボーナスでも足りない分を借りること
○クリスマスのご馳走代を出せない状況で借りること

これが計画的ですか・・・さすがは金融機関さんです。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ

@吊られた男



私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives