吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



信託報酬

バンガードの日本直販の可能性? あったとしてどんなものになりそうか…

vanguard


バンガードが日本で直販に乗り出すかという話が報じられました。

米バンガード、日本でファンド直販を検討−提携にも引き続き門戸開く(Bloomberg)
世界2位の資産運用会社バンガード・グループが、日本の個人投資家向けに投資信託の直接販売を検討している。米国に比べて知名度がまだ低い日本で存在感を高め、運用資産を増やそうとしている。

日本法人の代表取締役のディビッド・キム氏へのインタビューで,直販の可能性を検討という記事です。バンガードの評価は主戦場であるアメリカのみならず日本でも高く,日本でもバンガード(の日本版)があったらな…という声は投資家から聞こえます。

以前にも同じような直販があるのか?という報道がありましたが,ここでまた同じような報道です。
上記の報道はあくまで検討中ということで具体的な話はないので投資家としては様子見でいいのでしょう。


ただ,私はちょうどBloombergの記事があったのとほぼ同じタイミングで公開された世界最強の運用会社・バンガード社の投資信託の秘密を解説! バンガード社のインデックスファンドの強みとそれを実現する「アットコストの原則」とは?という記事を書くにあたってバンガードについていろいろ調べていました。

その際に,仮に日本でバンガードが直販をしたらどうなりそうかということも調べて考えていました。

ということで,仮に日本でバンガードが直販をしたらどうなりそうかというところを少しだけ書いてみます。まあ,「ボクの考える最強の日本代表ベストイレブン」みたいな話と思って聞いてください。

続きを読む







コスト競争に敗れて淘汰されるインデックスファンドが出てくるとしたらそれは良いこと

sansiro_match

つみたてNISAへ向けてインデックスファンドの価格競争が進みました。

ニッセイアセットマネジメントが<購入・換金手数料なし>シリーズで仕掛け,アセットマネジメントOneはたわらノーロードシリーズを出し,大和はiFreeシリーズを出し……
そこへ,最安水準を維持すると明記したeMAXIS Slimシリーズが三菱UFJ国際投信から登場……となっています。他には楽天バンガードシリーズなんてのも出てきました。

このような熾烈なコスト競争が行われていると,顧客獲得競争に敗れたファンドは採算が合わなくなってしまって撤退(償還)されてしまうのではないか,という危惧もあります。

しかし,これは問題ではなくて良いことでしょう。

続きを読む



iDeCo,つみたてNISA,低信託報酬インデックスファンド……いよいよ出揃って安定稼働期へ?

catsle

iDeCoにつみたてNISAと長期投資を優遇する制度が出揃う


個人型確定拠出年金は以前からありましたが,今年から制度拡充とともにiDeCoという愛称もつきました。2017年が個人型確定拠出年金の第二のスタートと言ってもよいでしょう。

また、先んじてNISAも始まっていましたが,2018年からつみたてNISAが始まります。金融庁が個人投資家向けに小規模な説明会も行ったりとそれなりに気合が入っているようです。
従来NISAでは最大5年間だった非課税運用枠(ロールオーバー除く)が、つみたてNISAでは20年と一気に4倍に延長されます。従来NISAの5年は短期ではありませんが,「長期」というにはちょっとビミョーという期間でしたが,20年なら長期と言っていいでしょう。

iDeCoつみたてNISAも「長期で資産を積み上げていく投資において,その運用益を非課税にしますよ。」といった長期投資による資産形成を目的としたような制度です。


また,制度面以外でも長期投資の環境が整ってきています。続きを読む



下げる下げる詐欺ではなかったセゾン投信 - 信託報酬を0.01%ポイント引き下げ

saisonam_logo

セゾン投信はブロガーズミーティングに参加するなど接点がありますので,ここは触れておきたいニュースです。

セゾン投信が初めて自らの信託報酬を引き下げ

3月10日に以下のようなプレスリリースがありました。
セゾン投信 2 本のファンド 運用管理費用(信託報酬)引き下げのお知らせ(セゾン投信プレスリリース)

2007年からの歴史の中で初のセゾン投信側の信託報酬引き下げです。セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド及びセゾン資産形成の達人ファンドの両方で0.01パーセントポイントの引き下げが発表されました (今まで投資先のバンガードのファンドの信託報酬低減はありましたが,セゾン投信側の信託報酬の引き下げは初のことです。)

続きを読む



松井証券の投資信託事業再参入は100%インデックスファンドでスタート

松井証券

先日のトータルコスト0.38%以下という低コストを引っ提げて松井証券のロボアドバイザーサービス『投信工房』が登場を書いた際にも明らかになっていたことですが,松井証券が投資信託事業に再参入です。 (投信工房で投資信託を扱うのだから当たり前)

単に1証券会社が投資信託の取扱を始めただけなら大したニュースバリューもないのですが,松井証券の場合は取り扱いの内容が面白い。
松井証券 投資信託


続きを読む



私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives