吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



ボーナス

冬の賞与(ボーナス)の季節

そろそろ冬の賞与(ボーナス)の支給時期でしょうか。

最近は正社員でも賞与制度そのものが無い企業や契約もあるので、全員が関係するものでもありませんが、依然としてボーナスは多くの労働者にとって重要な収入源になって入るはずです。
そんな冬の賞与、この景気の冷え込みのために前年との比較になると厳しいところが多いようですね。

トヨタ自動車にNTT……大手企業の冬のボーナスはいくら?(Bisiness Media誠)
 冬のボーナスシーズンがやってくる。すでに妥結した大手24社の支給額は表の通り。日本を代表する企業のトヨタ自動車を含めいずれも厳しい内容となっている。
 大手24社のうち、昨冬の実績より減額になったのが21社。東京電力、NTT、NTTドコモの3社が横ばいで、増額企業はゼロだった。
 ただ、ビジネス街には「確かに厳しい内容だけど、出るだけマシ」との声も根強い。
 民間シンクタンク5社の試算によると、この冬のボーナスの平均支給額は36万6000(前年同期比13.8%減)〜39万2923円(同7.4%減)。落ち込みはバブル経済崩壊以降、最大となる見込みだ。

 日本総研の小方尚子主任研究員は「減額だけでなく、ボーナスが支給されない企業の比率が昨年は14.6%であったのにこの冬は17.1%と、2.5ポイントも上昇する見通しです」と指摘。
上の記事の文中にもある「出るだけマシ」という声が強くなるのも分かります。

「所詮は業績などに左右されるもので、ボーナスを安定した収入として期待するべきではない」という意見もあります。
確かに基本給と違ってボーナスは削減しやすい性質のものです。それでもボーナスが多少の減額ならまだしも、出なくなるor大幅減額となると給与が主収入の労働者には厳しいですし、はじめからボーナスを想定せずに生活を組み立てと言うのも難しいものです。

年収に占めるボーナスの割合が元々少ない人ならボーナスを考慮しないで生活を考えてもいいのでしょうが、ボーナスの支給月数が多い人はボーナスを前提としても生活設計をすることになるでしょう。
年収600万(内ボーナス200万)という状況で年収400万を前提にして生活すべきというのはさすがに厳しすぎます。また、転職して入った場合には報酬として600万近くを期待しての転職になるでしょう。

私の場合は年収に占めるボーナスの割合が高い方ですので、ボーナスが0になるととかなり困ります。我が家の収入が私のボーナス抜きの給与だけになると家計のキャッシュフローはマイナスになりそうです。

この冬のボーナスは夏と同じだけ出るようですが、次のボーナスはどうなることやら・・・







2009年夏の賞与?

今更のトピックですが、ボーナス月ということでご容赦を。


5月の20/21日あたりにニュースなどで取り上げられていましたが、経団連が調査した2009年夏季賞与調査では、回答企業全体では-19.39%と2009年の夏季賞与の支払い状況は厳しそうとのこと。しかし、これは企業によって異なるのは当然のことながら、業種によっても大きく事情は異なるようです。

製造業は-24.1%。調査の対象となった企業でこの水準ですから、中小企業などを入れるとさらにマイナス幅は大きくなるのでしょうか。
トヨタ、ソニー、日立・・・日本の製造業大手企業の悪い決算も報告されていましたが、製造業は厳しいようですね。

一方、非製造業は-2.07%とそんなに下がっていません。マイナスにはなっているものの、100年に1度の金融危機と言うほどではないというところか。


2009年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)(日本経団連)



夏の定期預金キャンペーン

各銀行から夏のボーナスを目当てにした恒例の定期預金金利アップキャンペーンが発表されています。そこで、いくつかの銀行の定期預金の金利を調べてみました。

銀行1年3年5年期間条件
住信SBI0.9%1.0%1.1%6/15〜
9/30
1年ものは
1000万円まで
ソニー0.75%0.599%0.798%6/1〜
8/30
適用金利は
随時変更
新生1.1% 1.7%5/1〜
6/30
・店頭500万円以上
・電話300万円以上
・ネット・モバイル
 100万円以上
東京スター1.10%1.30%1.50% 100万円以上
オリックス
信託
0.90%
1.10%
1.10%
1.30%
1.30%
1.50%
 下:300万円以上
毎月1日15日に
金利見直し
イオン0.8%
0.9%
  6/1〜
7/31
0.9%適用はインストア
ブランチ窓口+イオン
カードセレクト提示
+50万〜1000万円
じぶん0.80%    
あおぞら0.95%
1.20%
1.20%
1.30%
1.30%
1.50%
6/1〜
7/30
上:50万〜300万未満
下:300万円以上
日本振興
銀行
1.1%1.5%1.9%〜6/1950万円〜1000万円
申込書郵送
イーバンク0.42%
0.44%
0.47%
0.40%
0.42%
0.45%
0.43%
0.45%
0.48%
キャンペーン情報なし
上:100万未満
中:100万〜1000万未満
下:1000万以上
ジャパン
ネット
0.49%
0.51%
0/53%
0.42%
0.44%
0.46%
0.56%
0.58%
0.60%
キャンペーン情報なし
上:100万未満
中:100万〜1000万未満
下:1000万以上
(2009年6月16日現在)


新生銀行と東京スター銀行が2強でしょうか。日本振興銀行も金利面では素晴らしいのですが、手続きが面倒臭いのが難点。あおぞら銀行も300万円以上の水準はいいですね。

私のメインバンクの住信SBIは1年ものが0.9%と2008年冬のキャンペーンと同水準、前年夏のキャンペーンからは0.1%ダウンです。でも、額が少額ということもあり、他銀行の口座開設などの手間を考えると住信SBIの1年物に預けそうです。


※実際に預金される場合は、該当銀行の公式情報を参考にしてください。ここに書かれているのはあくまで私が独自に調べた情報にすぎません。



今月はボーナス月だった

外部研修などが続いて気を取られていましたが、いつの間にか気がつくと2月も月末。今月はボーナス月でボーナスが振り込まれていました(^o^)/
一応はこんな不況下でも、前年比+1.9%とまずまず好調でハッピーです。


そこで「いやー、ボーナスって良いね」なんて思いがちですが、経済的には別に得していないんですよね^^;

本来なら月給に割り振ってもいいところを、月給が減額されてボーナスが年3回になっているだけ。
私の場合は業績連動が無く、ほぼ固定なので業績不振でボーナスが大きく下がるようなデメリットはありませんが、業績連動の方だとボーナスはすぐに削減の対象になるというデメリットもあります。
また、基本給が下がってボーナスになっていることで各種手当などで不都合もあります。

行動経済学でもお金は同じ額でももらい方によって精神的効用が違うと言われていますが、ボーナスは経済的利益と精神的効用が一致しない良い一例ですね。




さて、ボーナスで何を買おう!!
フェラーリか?
マンションか?


・・・・・・ケーキを買うくらいでオシマイですね。

あとはコツコツ積立投資資金にします。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ

@吊られた男



大手企業 2008年の夏ボーナス平均は増加!!

あひるさんからご指摘いただいた内容を反映させて当初
の内容から大幅訂正です。と言っても、元の文を消して
しまっては何が間違っていたのかが分からなくなります
ので、取り消し線付で残しておきます。

つまり、ボーナスの具体的な話の部分はほとんど忘れて
ください。情報の読み違い(正確には読んでいないこと)
による間違いでした。

残るのは、原資料にはちゃんとあたりましょうという事
です。



経団連が7月22日に大手企業の2008年夏のボーナス
調査結果を発表しました。

その発表によると、前年比で大手企業の夏ボーナス
の平均は1.95%(約15000円)増加
とのこと!!


ん?


何かおかしいと思った人いませんか?


2008年の夏ボーナスは前年度比でマイナスじゃないか
ですって?




夏ボーナス、大手企業は6年ぶりマイナス 経団連集計

(asahi.com)

夏のボーナス、6年ぶりマイナス…非製造業の減額響く

(YOMIURI ONLINE)

大手企業の夏季賞与、6年ぶり減 経団連調べ

(NIKKEI.NET)

大手企業の夏季賞与、6年ぶり減 経団連調べ

(NIKKEI.NET)

んー・・・確かに大手新聞の記事の見出しを見ると夏の
ボーナスの平均はマイナスとなっていますね。

ところで、この記事を読んだ時に思い浮かんだ平均って
何でしょうか?対象となる従業員のボーナス総額を合計
して人数で割ったもの?
「Aさん100万円」、「Bさん50万円」「Cさん30万円」の
平均ボーナスは60万円となるような平均でファイナル
アンサー?


・・・
・・・
・・・
もし、この夏ボーナスの平均を上のような意味で考える
のであれば、実は増えているということになるのです。

毎日、日経は記事中に一言書いていますが、新聞社の
記事で下がったという平均はあくまで【加重平均】です。

上記のA、B、Cさんの例のように、世間一般で単純に
「平均」と使う場合に想像される【単純平均】について
は増加しているのです。


しかし、記事を読んだりした時に、単純平均がマイナス
だと思った方もいるのでないでしょうか?

あくまでも「加重平均⇒マイナス」「単純平均⇒プラス」
が正確なデータです。平均と言われても何の平均かが
非常に重要です。相乗平均だったら・・・

いずれにしても、こういう新聞報道などのデータは鵜呑
みにしないようにしたいところです。
朝日、読売は「加重平均」という記述をしていませんの
で、単純平均と勘違いを誘っている可能性も否定でき
ません。
##彼らの新聞の購読者層の多くが、平均と書かれて
##真っ先に加重平均を想像するとは思えません。



ビジネス本・ファイナンス本としてベストセラーとなった
『お金は銀行に預けるな』の著者である勝間和代氏も
著書の中で、以下のように言っています。
 気になる記事は、出展のオリジナル文献、
 データに当たるクセを
 たとえば厚労省の記事の引用なら、その白書まで
さかのぼります。少し前に話題になったホワイト
カラー・エグゼンプションも、経団連のオリジナル
の提言書にしっかりと戻った人はどのくらいいるの
でしょうか?少子化の話も、ぜひ、『少子化白書』
を読むようなクセをつけてほしいと思います。

勝間氏は『お金は銀行に預けるな』の中でファイナンス
リテラシーを説いていますが、単純に金儲けという視点
からではなく、このような現代社会を生きる上で必要と
されるスキルというレベルでファイナンスリテラシーを
語っています。




インデックス投資交流会で「理屈っぽい。特にデータに
関して」とアピールしたように、交流会後のエントリー第
1弾はデータソースや読み方にまつわる話でした ^^;


経団連の調査結果のソースデータ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ

@吊られた男



私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives