吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



ブラジル

野村はレアルから手を引いている模様

グロソブの資金流出額と新しいトレンドチェックでモーニングスターやQUICK MoneyLifeなどの資金流出入額は時折チェックしています。
従来ならより多くのファンドが載っているQUICK MoneyLifeのランキングが好きなのですが、今回は8月のモーニングスターのTop10までのランキングが特徴的でいい感じ。

ファンド別資金流出入ランキング (モーニングスター)
Fund_Flow_Renking201008

上はモーニングスターの2010年8月の資金流出ランキングトップ10です。
これを見ると【野村】+【レアル】+【毎月分配】のファンドが4つランクインしています。

資金流入側Top10に【レアル】を対象とするファンドが4本、ブラジル債券まで加えると5本が入っていますので、全体としてブラジル(レアル)から資金が逃避しているということはなさそうです。
しかし、野村のファンドは野村 米国ハイ・イールド債券(レアル)毎月が資金流入側のTop10に入っていますが、4本が資金流出側のTop10入りです。野村のファンドに限れば、レアルへ投資するファンドから資金が流出している傾向がうかがえます。

資金流入側のトップに野村 G・ハイ・イールド債券(資源国通貨)毎月が入っていますし、野村はレアルからこちらへシフトしているのかもしれません。







ピクテのインデックスファンド ブラジル&中国2本をSBI証券が取り扱い

SBI証券のページでたまたま気がつきましたが、「品揃え充実!中国H株・ブラジル株インデックス投信取扱開始」とのことです。

※ピクテ-ピクテ・インデックス・ファンド・シリーズ―ブラジル株
・・・ブラジル・ボベスパ指数に連動
※ピクテ-ピクテ・インデックス・ファンド・シリーズ―中国H株
・・・中国H株指数に連動


このファンドについては、マネックスから登場した時に、「ピクテの新インデックスファンドシリーズに関する説明会」に参加してきましたとしてエントリーを書いています。

ブラジル株や中国株で信託報酬が1%を切り、ETFのNext Fundsより安いという投資信託です。これだけでもブラジルや中国の株式に投資したい人には魅力的な投資信託だと思います。
また、この2つは信託財産留保額に特徴があるファンドで、購入時に信託財産留保額がかかります。特にブラジルは2.6%と非常に高い信託財産留保額が設定されています。これも魅力的です。


信託財産留保額が何故魅力的かは投信の信託財産留保額とコストへの誤解は多い?で書いています。



ブラジル・中国をオーバーウェイトするつもりはありませんので、私は投資を控えていますが、ブラジルと中国株に投資したい人にはいい商品だと思います。



ブラジル/香港のインデックスファンド と中国CBファンド

早期退職を夢見る人の確定拠出年金のエントリーで知った情報です。


中国H株とボベスパのそれぞれに連動するインデックスファンドがピクテから登場です。
ピクテのニュース
ピクテ投信投資顧問株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャビン・シャープ)は、「ピクテ・インデックス・ファンド・シリーズ−中国H株(愛称:ピクテIF中国H株)」、「ピクテ・インデックス・ファンド・シリーズ−ブラジル株(愛称:ピクテIFブラジル株)」(以下「両ファンド」)を設定します。

両ファンドは当初、マネックス証券株式会社を通じて販売されます。2010年5月10日から5月28日まで当初募集を行い、5月31日に設定、運用を開始します。マネックス証券株式会社では、お申込手数料・ご解約手数料のないノーロードでのお取扱いとなります。
ファンドの設計にあたっては、単にコストを抑えるだけでなく、中長期にわたって質の高い運用をご提供できるよう、様々な設計上の工夫をほどこしました。例えば、中国とブラジルはともに株式・通貨の売買に伴う手数料や税金(注)などの投資コストが先進国市場に比べて高いエマージング市場です。両ファンドを中長期での運用にご活用いただくお客さまが、保有期間中に他のお客さまのご購入・ご解約によるこれらのコストを負担し続ける不利益を低減するため、両ファンドにはご購入時・ご解約時ともに両国の投資コストを鑑みた信託財産留保金を設けています。
また、エマージング市場においては、こうした売買手数料や税金などの投資コストは将来的に変わることが充分に考えられるため、これらの留保金の額は、一定とせず適宜見直しを行います。

当初の唯一の販売会社となるマネックス証券のニュース
2010年5月10日(月)より「ピクテ・インデックス・ファンド・シリーズ − 中国H株」、「ピクテ・インデックス・ファンド・シリーズ − ブラジル株」の募集を開始いたします。募集のお取扱いはマネックス証券だけ!
どちらのファンドも申込手数料は無料(ノーロード)!信託報酬は0.945%(税込)と新興国株式関連ファンドの中で低コストな点も当シリーズの魅力です。さらにお申込みは1,000円から可能です。

共に信託報酬が0.945%というのは魅力的な水準です。信託報酬以外のコストが見えていませんが、国内上場のETFと比較しても競争力のある信託報酬です。

ピクテのニュースの中にもありますが、この2つのファンドの特徴は、購入時・解約時ともに両国の投資コストを鑑みた信託財産留保金がかかるということでしょう。
特にブラジルは税金の影響と思われますが、購入時の信託財産留保金が2.6%となっています。

このピクテの2投信で設定された購入時の信託財産留保額は面白い試みです。このタイミングで新興国単国の新投資信託投入はどうなのかと共に、この信託財産留保額が受け入れられるかは気になるところです。



もう一つ新規投信ネタです。

SBI グレーターチャイナCBファンドがSBI証券から発売されます。
外国投資信託「トリスケルCBファンド」を通じて、香港・中国を中心としたアジア諸国の転換社債に投資します。人民元建ての債券等に投資することもあります。
投資対象はファンド名と上の説明にあるように主に香港・中国の転換社債に投資するようです。CBファンドというだけでも珍しいのによりにもよって中国ですから、これまた面白い投資信託の登場です。

なお、このファンドの気になるコスト情報は以下。
購入時手数料2.675%(インターネット)
信託報酬2.802%程度(概算) + ハイウォーターマーク方式の成功報酬20%
信託財産留保額0.3%




[吊ら男的評価]HSBCブラジルオープン

保有ファンドの自己評価第7弾、HSBCブラジルオープン

意外と少ないブラジル投資の商品です。

【購入理由1】
 注目のBRICs - R。
【購入理由2】
 バイオエタノール燃料の需要など資源国として重要な
 ポジションにあるので、成長が期待される。

【現時点の自己評価】
基準価額推移の評価は、可もなく不可もなく。
しかし、BRICsと注目されながらもブラジルを主体としたファンドが多くないことがやや疑問。
 
【今後の予定】
しばらくは様子見ホールドで、やや買い増しも行うか。
ブラジルは、中国やインドと異なり、世界のリーダーになるイメージが無い。やはり資源国として発展することになるだろう。しかし、そうなると長期的にはかなり不透明な部分が多く、注意してみています。






HSBCブラジル

HSBCブラジルを追加購入。

残念なことにブラジルの株価 (ボベスパ指数) もだいぶ回復基調にありますが、まあ、それでも前買ったよりは安いということで追加。



急落した時に追加できる資金が少ないのは残念。


@吊られた男



私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives