吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



ネット

強大なテレビの影響力 - ひふみ投信のレオスに口座開設が殺到

tvtokyo_ryustalkinglive


「テレビはオワコン」
「テレビなんてほとんど見ない」
「ニュースはネットで十分。テレビのニュースはいらない」

最近では,凋落著しいと言われるテレビです。
しかし,依然としてメディアとしての力は圧倒的なものがあります。

テレビ東京のカンブリア宮殿でレオス・キャピタルワークスが取り上げられた

2017年2月16日にテレビ東京のカンブリア宮殿という番組でひふみ投信を販売しているレオス・キャピタルワークスが取り上げられました。社長兼CIOである藤野英人氏が登場していました。

2017年2月16日 放送 レオス・キャピタルワークス 社長兼CIO 藤野 英人 (ふじの ひでと)氏

続きを読む







CMAM、eMAXISの取り扱い拡大はどこまで?

ローコストインデックスファンドとしてはeMAXISとCMAMの勢いが強いようですが、この2ファンドの取り扱い会社がどこまで広がるでしょうか。


●eMAXIS
いくつかのブログでも取り上げられていましたが、ジャパンネット銀行がeMAXISシリーズの取り扱いを開始しています。

eMAXISはネット用ファンドとのことですので、当初から取り扱いのSBI・楽天・カブドットコムにマネックスを追加した時点で次はどこになるか気になっていました。
ジャパンネット銀行には、あまりeMAXISのような商品を率先して取り入れるような印象が無かったので、ジャパンネット銀行というのは少し予想外でした。しかし、ネットバンクへも拡大が進みそうということで、これはいいニュースです。
先日、一部ファンドをノーロード化したソニーバンクなどにも拡大が望めるのでしょうか?


●CMAM
基本4資産だけですが、eMAXISよりも低信託報酬なCMAM。純資産も増えてはいますが、伸びは鈍い気がします。取り扱い会社がSBI証券・楽天証券と限定的なことが要因の1つでしょう。
そこで、販売会社の追加が期待されるのですが・・・中央三井AMとしても収益が少ないファンドで積極的に販売会社に営業をかけるわけにもいかないでしょうし、なかなか難しいのかもしれません。
この点は低コスト投信のジレンマでしょうか。



販売会社としても利幅の薄い類似商品をいくつも取り扱っても管理コストだけ増えて儲からないからやりたくない思いがあるでしょう。

それでもネット証券とネットバンクの大手では取り扱って欲しいですね。



連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
Archives