吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



ニッセイ日経225インデックスファンド

吊ら男の企業型確定拠出年金の運用状況

ohwakudani

さて,先日に自社株の話を書きました(自社株の配当が年間10万円水準まで増えてきた)。これは,参考にする前に,投資ブロガーの資産公開範囲を気にしようで書いたリスク資産の中で,四半期の資産運用報告の外で運用しているリスク資産です。
参考にする前に,投資ブロガーの資産公開範囲を気にしようのリスク資産の「*その他」に該当します。
吊られた男 吊ら男 資産


同じその他に入っている 確定型確定拠出年金の状況

その他の一部である自社株の話をしたついでなので,今の勤務先で加入している企業型確定拠出年金の運用状況についても簡単に触れておきます。
続きを読む







超低信託報酬の「三井住友・日本債券インデックス・ファンド」が確定拠出年金専用から一般向けへ

三井住友・日本債券インデックス・ファンド 三井住友・DC年金日本債券インデックス・ファンド

最近のインデックスファンドのニュースとしては、ニッセイ・アセットマネジメントが低信託報酬の<購入・換金手数料なし>シリーズの新設がありますが、別のところからニュースがやってきました。

確定拠出年金専用だった「三井住友・DC年金日本債券インデックス・ファンド」が一般向けに開放されるようです。

それに伴ってファンド名も「三井住友・日本債券インデックス・ファンド」となります。
※参考:三井住友・日本債券インデックス・ファンド(信託報酬0.16%)がDC専用をやめ一般購入可能に - インデックス投資日記@川崎

注目の信託報酬は0.16%(税抜)です。

従来の日本債券アセットの信託報酬最安は<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンドの0.31%でしたので、一気にほぼ半分になります。
続きを読む



中国株が暴落?何それ?


7月頃でしょうか。
「中国株バブルがはじけた」と言うようなニュースが出回りました。上場企業が自社の株を市場で取引できなくするように申請したり、国が剛腕ともいえる資金提供策を講じてみたり、と賑やかでした。
そして、確かに株価も下がりました。


ということで、ここ1年の値動きを見てみます。

続きを読む



投資信託は直販で安くなるのか

shopping-cart信託報酬が安い投資信託を求めて、運用会社による投資信託の直接販売を求める声があります。
販売会社を通さずに売ることで販売会社に取られる費用(だいたい信託報酬の約半分)が削減されて、最終消費者である投資家に低コストで商品を提供可能になるという話です。家電や食料品など一般の商品でも卸など中間の業者を省くことで、そこで取られるマージンを減らして低価格で商品を提供している場合もあります。

また、投資信託の場合には、直販で低信託報酬の商品を提供している代表的な会社としてアメリカのバンガード (Vanguard)があり、このモデルを意識されての声でもあります。


では、投資信託は直販にすれば安くできるのでしょうか?
続きを読む



週刊SPA! の『超格差に勝つ[資産3000万円]達成計画』に掲載されました

magazine
3月17日発売の『週刊SPA! 2015 年 03/24・31 合併号』に個人投資家として掲載されました。『超格差に勝つ[資産3000万円]達成計画』という特集で、他何人かの方々と共に掲載されています。
続きを読む



連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives