吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



クレジットカード

続・ポイントサービスの"有効"活用

前回の『ポイントサービスの"有効"活用』に予想外の反響がありましので、急遽続編を書いてみます。と言っても補足のようなものです。
前回のエントリーでは「ポイント制度は利用しすぎないことも重要」「獲得するために費やす手間などを天秤にかけなくてはいけない」という趣旨のことを書きました。そうしたところ、以下のようなコメントをいただきました。

「0.1%の手数料を気にしている割には、3%のポイントには無頓着なんですね。」
「確かに1%〜3%のポイントはでかいでしょ。    信託報酬の0,1%にこだわるのなら、多少の手間やセカンドベストでもいいのでわ?」


これは私にとっては少し予想外な反応でした。
0.1%でも3%でも10%でも20%でも私にとっては同じものです。得られるポイントが獲得するためにかかる手間などが(経済学的な意味での)コストと見合っているが重要です。

●ケース1
私のメイン証券会社であるSBI証券ではMSCI KOKUSAIに連動する以下のファンドを購入できます。(カッコ内は信託報酬)
 ・年金積立インデックスファンド海外株式 (0.882%)
 ・STAMグローバル株式インデックス (0.63%)
 ・eMAXIS 先進国株式インデックス (0.63%)
 ・CMAM外国株式インデックスe (0.525%)

私はここで0.1%の信託報酬にこだわって、一番信託報酬が安いCMAM外国株式インデックスeを購入します。これはその0.1%がコストに見合うからです。SBI証券でどのファンドを買うにしても、ファンドを選んで金額を入れて購入ボタンを押して・・と同じような操作になります。CMAM外国株式インデックスeを選ぶことで特別な追加コストは発生していません。
つまり、他ファンドを買う時と比べて、ほぼそのまま信託報酬の差分が自分の利益となります。


●ケース2
利用しているスーパーではポイント還元率が1%ですが、そことは別にポイント還元率が3%のスーパーがあります。ポイント還元率は2%も違います。いつものスーパーはほぼ帰り道の途中にありますが、別のスーパーは歩いて往復30分ほどかかります。
さて、このようなケースではどちらで食材を買って帰るか?

コストを考慮せずに「ケース1の0.1%にこだわるなら2%は?」という考えに立つと、ポイント還元率3%のスーパーに行くべきとなるかもしれません。
しかし、「仕事で疲れて荷物もあって革靴で歩いて帰るところで30分の余計な歩き」というコスト(手間)を考慮すると私の結論はNOです。月に3万円の買い物をするとしても還元率3%のスーパーで得られる追加ポイントは600円分です。これはコストが勝ちます。

オフショアファンド、クレジットカード、銀行預金なども同じ考えです。いくら「ポイントやコストがお得」と言われても、そのためにかける労力が見合うかが重要です。この得られた対価とコストを比較した、いわゆる利益ベースの考え方が私の考え方です。
ポイント還元率が20%だろうと、そのためにかかるコストがそれを上回るならポイントを得るためにそのコストは払いません。得られるメリットがコストを上回るならそのコストを払います。


しかし、0.1%の対価(売上)にこだわるなら3%にはこだわるべきでは、という意見も複数あったようにコスト調整前の対価(売上)ベースで考えることは世間でそれなりに支配的な位置にあるのでしょうか。

少し話は変わりますが、日本では比較すると企業規模の比較でも売上が大きく注目される傾向があります。アメリカでは日本よりも売上げの重要性は低く、利益がより重視されます。企業評価にも現れているように、日本は売上(得られるポイント)を重視する傾向があるのでしょうか。
最後は少し話もずれてしまいましたが、興味深いところです。







ポイントサービスの"有効"活用

世の中には様々なポイントサービスがあります。

・クレジットカードのポイント(マイレージ)。
・ネットショッピングのポイント
・スーパーなどのポイント

 etc...

これらのポイントを如何に効率よく獲得するかのハウツーを書いた本やブログなどもあります。

私もいろいろなポイントを利用しています。
 ・SBIカード等のクレジットカードのポイント
 ・楽天市場等のネットショッピングのポイント
 ・SBI証券の投信保有ポイント
 ・よく行くお店のポイント

  etc・・・

ポイント制度を利用することで、節約をしたり、より多くのモノを買うことができます。

しかし、ポイント制度を有効に使うためには、利用しすぎないことも重要です。
ポイントはお得ですが、還元率は決して高くありません。クレジットカードのような汎用的なものでは1%強の還元率がいいところです。特定のショップのポイントでも10%もいくものはそうありません。

得られるポイントを「ポイントを獲得するための手間」、「本当にそれがいいのか」という要素を天秤にかけないといけません。

仮にポイント還元率が3%で200万円を利用している場合6万円の還元です。
申込や登録、獲得までの手続きなどの手間は獲得できるポイントに見合うのでしょうか?
本当は2nd Bestでもポイントがもらうために選ぶでいいのでしょうか?

各種ポイント制度は、日々の生活の自然な流れを乱さない範囲で活用するのが良いでしょう。



SBIカードが利用できず

本日、2000円弱の買い物をするときにいつも通りにクレジットカード払いでSBIカードを提示しました。しかしカードを使えず。その場ではサブのカードを使って支払いましたが、少し困りました。

原因は、利用額が設定されている限度額の30万円に達していたこと。限度額オーバーは久しぶりです。
普段は30万円も枠があれば十分なのですが(たいていの人は十分ですよね?)、今回はPC購入や旅行のホテル予約などという普段はあまり使わない項目があったり、定期券の購入も重なったりということが原因です。

メインカードとして何年か使っていますが、SBIカードは自動では限度額が上がりません。今は手持ちカードの中で一番限度額が低いカードになってしまいました。
限度額引き上げはSBIカード側の判断になりますが、限度額引き上げをリクエストしてみようかと少し真剣に考えています。



悪くないが分かりにくい『SBI Plusカード』

クレジットカードネタ。

私は『SBIカード(AC Milanカード・黒)』がメインカードです。そんなSBIカードユーザなのですが、SBIからはSBIカード Plusが出ています。SBI PlusはVISAブランドということもあるせいか(SBIカードはMaster)、SBIカードのページに行ってもPlusがトップにあり、従来のSBIカードは劣勢です。

そんなSBIカードPlusのウリは最大2.3%のキャッシュバック。でも、これが分かりにくい。

 ●SBIグループのサービスをどれだけ利用しているか
 ●前の半年間の利用額
この2点のマトリックスでポイント還元率が決まります。


SBIグループのサービスをどれだけ利用しているかは、下の5つのサービスをどれだけ利用しているかで決まります。
 ●SBI証券
 ●住信SBIネット銀行
 ●SBI損保
 ●SBI住宅ローン
 ●Wall Street Journal日本版

SBI証券と住信SBIネット銀行などはほぼ誰でも利用料を支払うことなく簡単に利用できますが、あとは少し厳しい。利用サービスが2つだと最大還元率は1.5%(半年間の利用額が200万以上)です。半年間の利用金額が80万円以下だと1.1%還元です。
どんな人にSBIカードプラスがオススメかというと、SBIモーゲージで住宅ローンを借りているなどして3つ以上のSBIグループからのサービスを受けている人です。
3つのサービスを受けていると、利用額がいくらでも還元率は1.5%と最強クラスの還元率になります。また、半年間の利用額が80万円以上になると1.8%とかなりの好条件になります。

SBIで住宅ローンを組んで、SBIで損保に入って、SBIに預金があって、SBIで株や国債を買って、SBIのクレジットカードで買い物をする人には最高のカードです。ただ、分かりにくいです。



クレジットカード、ポイントサービス競争やりすぎの揺り返しは続く

●電子マネーへのチャージでのポイント付与縮小
●各クレジットカードから航空会社のマイレージへの交換率の低下
●海外旅行保険を自動付帯から利用付帯に変更
●高還元率カードとして有名だったP-Oneカードがポイント制度を廃止


クレジットカード利用時に付与されるポイントや特典を豪華にすることで顧客獲得競争に走っていたクレジットカード業界ですが、最近はサービス縮小(改悪)の話題ばかり聞いている気がします。
競争が行き過ぎたところに、貸金法の変更もあって厳しいのでしょう。

今、私はメインでSBIカードを使っていますが、利用を開始した当時はポイント還元などの観点から見てトップ3に入るようなカードではありませんでした。
SBIカードは50万利用で5000円キャッシュバック(1%還元)、100万円利用で12000円キャッシュバック(1.2%還元)と一般的には高還元率です。しかし、ポーラスターカード、P-Oneカードなどが全盛期だった頃には、これらのカードの下という印象でした。
ところが最近ではSBI Plusカードと共にSBIカードも高還元率カードとして紹介されることが増えています。SBIカードの高還元率もどこまで続くか、利用者としては気になります。

ポイント還元の観点からSBIカードの地位が相対的に上がっていることは、それだけ他の高還元カードが苦戦しているということが推察されます。この揺り戻しはどこまでいくのでしょうか。



私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives