吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



インデックス運用

会社の内部にいてもその会社の株価の値動きが読めない

chaos
Light chaos / pagedooley

インデックスファンドでのバイ&ホールドというインデックス投資(パッシブ投資)を行っている理由として、「何を買うか」「いつ買っていつ売るか」などを考えて一生懸命儲けようと努力しても難しいと考えているからです。
※参考:証券投資では努力して超過リターンを狙わない

こう考える理由はいくつかあり、教科書的には「多くのアクティブ投資家が努力した結果がマーケットポートフォリオである」「みんなが相手を出し抜こうと切磋琢磨している中で市場の歪みはほとんどなく、自分が他人を出し抜くのは難しい」などという話になるかと思います。

この要素は強いのですが、一つ個人的な経験を加えておきたいところです。

続きを読む







インデックス運用のロジックによれば、アクティブ運用したっていいんです

active_ski

前提条件は必要になりますが、インデックス運用は合理的な運用法であると言えます。

インデックス運用のロジックは、「いくら頑張って決算情報、ニュース、チャートなどを見て銘柄やタイミングを図って運用しても、マーケットポートフォリオと比較して合理的に運用成績が向上するわけではない。擬似的にマーケットポートフォリオに近いインデックスファンドを使って広くバイ&ホールドしておく運用方法はマーケットポートフォリオに近い成績を残せる。実際に総体的に見るとアクティブ運用はコストをかける分だけインデックス運用に負けている」という話であります。

これはインデックス運用の良さを説いている説明ですが、ちゃんと読むとアクティブ運用は悪くないことも同時に示しています
続きを読む



良いインデックスファンド ≠ 良いインデックスファンド

world_197

何を言っているのやら……という話ですが、そういう話です。

良いインデックスファンド(ETF含む)とは何だろう。


ファンド運用の視点から見た「良いインデックスファンド」

ファンド運用の視点だと、トラッキングエラーが小さいことが良いインデックスファンドの条件となるでしょう。インデックスに連動することが目的ですからインデックスについていくことが大事です。
例えインデックスが上がっても下がっても連動を目指します。指数が大幅に銘柄を入れ替えてインデックスがとんでもないことになったとしても、それに連動することが大事です。


投資家の視点から見た「良いインデックスファンド」

運用視点からは「トラッキングエラーが少ないファンドが良いインデックスファンド」としました。
しかし、投資家視点で同じとは限らなさそうです、

低コストのバイ&ホールド国際分散投資派の投資家

「どの国や銘柄が素晴らしいパフォーマンスを残すかはわからない。タイミングを見計らってうまく儲けることも難しい。アクティブ運用でパッシブ運用に勝ちにくい。だから国際分散投資でバイ&ホールドだ。そして保有コストは確実にマイナスリターンだから低コストがいい」というような投資家を考えます。

この投資家にとって、インデックスへの連動はあまり重要でありません。
インデックスに連動という条件はなく、大事なのは低コストな分散投資です。仮にインデックスに連動しなくてもしっかりと分散されていれば良いのです。
例えば、「東証のみならず日本の新興市場も含めて値嵩株や時価総額が大きい銘柄が大きなウェイトを占めることなく業種の偏りも小さいバイ&ホールドの低コストパッシブファンド」があれば、連動を目指すインデックスは設定されていなくても、上のような投資家は投資するかもしれません。

インデックス投資家と言われる人でも、何故インデックスファンドに投資するのかと考えた時、「広く分散されていて」「売買回転率が低く」「コストが低い」という理由だったりしないでしょうか?
もしそうであれば、実はインデックスファンドはその投資法に必要な要素ではなく、別の「広く分散されていて」「売買回転率が低く」「コストが低い」があれば、そちらでも構わないとなりそうです。


よくわからなくなってきたので、まとめましょう。続きを読む



「パッシブ運用=インデックス」に非ず



細かい話ですが、インデックス投資の話の整理のために書いておきます。

パッシブ運用=インデックス運用かのように語られることもあります。以下はその例です。(下線は私がつけました)

通常、パッシブ運用ファンドは市場インデックスへの連動を目指します。このため、パッシブ運用はしばしば「インデックスファンド」あるいは「トラッカー(追跡者)ファンド」と呼ばれます。パッシブ運用の目的は単純明快です。特定のインデックスを上回るのではなく、インデックスに連動したリターンの実現を目指します。

通常、パッシブ運用ファンドは市場インデックスへの連動を目指します。このため、パッシブ運用はしばしば「インデックスファンド」あるいは「トラッカー(追跡者)ファンド」と呼ばれます。パッシブ運用の目的は単純明快です。特定のインデックスを上回るのではなく、インデックスに連動したリターンの実現を目指します。

パッシブ運用とは、特定の市場指数の変動と連動した投資収益を目指した運用スタイルです。


しかし、アクティブの対義語としてパッシブであり、「パッシブ=インデックス」ではありません。続きを読む



コア・サテライト戦略のメリットはよく分からない

コア・サテライト戦略という投資手法があります。

バンガード社のコア・サテライト投資という資料によると以下のように説明されている投資方法です。
ポートフォリオを「コア(核)」と「サテライト(衛星)」の2つに分けて捉えます。長期的な視点に立った投資をコアとし、より特化した短期的な投資をサテライトとして、その双方を保持することを意味します。
・・・がいまいちこの投資方法のメリットが分かりません。

バンガードの資料では以下のようなメリットが挙げられています。
 ● リスクをより幅広く分散
 ● 様々な投資戦略の利点を享受
 ● 市場の上昇下降がポートフォリオに与える変動を抑制
 ● コスト削減
 ● 市場をアウトパフォームする可能性を享受
 ● 定期的(でコストが嵩みがち)なポートフォリオ調整の必要性を低減

ご都合主義過ぎませんかね。
インデックス投資コア・サテライト投資を比較して上に挙げられた6点がどうかを検証してみます。


1.リスクをより幅広く分散
バンガードの資料ではこれに直結する説明が「コア投資としてのインデックス運用」という章に「より分散されたポートフォリオ」という小見出しで出てきます。
しかし、インデックス運用がより分散されたポートフォリオというのであれば、インデックス運用100%のインデックス投資の方がより分散された運用になりそうです。
市場をパフォームフォームするために運用するアクティブ運用マネージャは広く分散しないでしょうし、「サテライト投資としてのアクティブ運用ファンドおよび特化型インデックスファンド」という章では特化型インデックスファンドのようにリスクを高めそうな運用も推奨しています。


2.様々な投資戦略の利点を享受
モノは言いよう・・・というか詭弁の一種に感じます。
ロングショートやレバレッジや集中投資なども組み合わせれば、全部の利点を享受できるのでしょうか?
そんなことはありません。サテライトで集中投資をすれば、インデックス投資のみのときと比べてリスクは上がります。さまざまな投資戦略を混ぜることでその利点のみならずデメリットも享受します。
またロングとショートのように混ぜ方によっては利点を打ち消しあう可能性もあります。
「様々な投資戦略の利点を享受」なんておいしい話はありません。


3. 市場の上昇下降がポートフォリオに与える変動を抑制
ここはいまいちよく分かりませんが、仮にサテライト投資の利点として考えると、バンガードの資料では「サテライト投資には、コア投資との相関が低く、より特化した投資が採用されることがあります。」という部分くらいしか該当箇所がありません。
しかし、インデックス投資から相関が低く特化した投資というものがどれほど存在して、それが他5つのメリットとされる点と共存できるのかが怪しいところです。


4. コスト削減
これはインデックス投資に軍配でしょう。サテライトの方がコストが掛かるのが一般的です。


5. 市場をアウトパフォームする可能性を享受
これも物事の1面しか見ない詭弁の一種に感じます。
インデックス運用を外れれば、市場をアウトパフォームする可能性もありますが市場をアンダーパフォームする可能性もあります。「どっちの方が期待値が高い?」という話であって、コストが高いサテライト投資の方が有利になるとする理由はよく語られていません。


6. 定期的(でコストが嵩みがち)なポートフォリオ調整の必要性を低減
これはよくわかりません。
アクティブ運用で頻繁に銘柄売買してポートフォリオを入れ替えるのではなくてインデックス運用をしていればポートフォリオ調整の必要が減るという話ならば、インデックス運用100%で良いのではないかとも思いますが、そういう話なのかすら不明です。



上で見てきたようにコア・サテライト戦略をインデックス投資と比較した場合、特別にメリットがありそうには思えません。

サテライト運用でリスクの高いファンドでアウトパフォームを狙うというのであれば、インデックス運用部分全体の期待リターン/リスクを上げてはいけないのでしょうか?いずれの方法でも当初予定していたインデックス運用よりも高いリスクをとって高いリターンを狙うという効用は得られます。


インデックス投資のみではドラマもなく自分の判断で投資する楽しみも無いので、投資を楽しみたいという気持ちは分かります。そういう目的での投資はありでしょう。しかし、コア・サテライト投資に投資の成績を向上させるようなメリットは感じられません。



私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives