吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



イベント

(いまさら)インデックス投資ナイト 2 - 雑感

その1の続き。

(1)テーブルで一緒になった方々(以下の方々)、騒ぎすぎて申し訳ありません。ジンバブエドルやら、松尾健治氏だとか、いろいろ変な話題を振ってしまいました・・・
 ・とよぴ〜さん(カウンターゲーム)
 ・しんのすけさん(チラシの裏)
 ・のらさん (のらFPのブログ)
 ・earl-greyさん (Calciumの個人ブログ)
 ・haruさん(明日のためにまず1歩)
 ・yu-donさん
 ・doriaさん(doriaのひとりごと)


(2)山崎さんの考え方は私に近い
細かいところでの差異はされど、元から共感するところが多く、また意見が異なる点でも論法は近いものを感じていた山崎さんですが、それを再確認しました。
山崎さんもいろいろ言われていますが、実は言いたいことは非常にシンプルで、「投資するのに金融機関など他人に取られる手数料は減らすべき」なのかなーと思っています。
そして、山崎さんご自身は金融機関のことも考えて、どこまで話していいかを考えながら話していると言われていますが、十分判断の根拠になる程度の情報は提供してくださっており、タメになります。


(3)インデックスの方が手間がかかっている?
インデックスの方が実はアクティブ運用より手間がかかるとも言える。 - 山崎さんが口火を切られましたが、インデックスに従うように運用するのは結構丁寧で細かい運用が求められるので、意外と手間がかかる。一方、アクティブはファンドマネージャの一存で売買できるので、それほど厳密な運用を要求されていない。


(4)バランスファンドの是非(?)
バランスファンドについて「バランスファンド賛成派(山崎さん以外?)」「バランスファンド反対派(山崎さん)」に分かれた。
やり取りの詳細は水瀬さんのレポートを読んでいただくとして、私はこれは実はバランスファンドという商品単体の是非ではなく、投資と金融商品に対する考え方やアプローチの違いかなと感じています。
山崎さんはどちらかというと自己責任派。
他の方々は、個人投資家を誰かがある程度おせっかいを焼いてあげて導いてあげる派。そのような哲学でバランスファンドを見たときに判断が違うと言うだけで、バランスファンドに特化した議論にしてしまうのは勿体ない。
心情的には山崎さん寄なものの、どちらもな意見で理想はその人の属性に応じて適したほうを選べた方がいいとは思うのですが・・・そこは難しいところですね。


(5)住信アセットマネジメントの心意義
(バランスファンド手数料の話を受けてから準備したかのような話でしたが)住信アセットマネジメントの橋本さんが、設定する新バランスファンドではアセットアロケーションでの手数料を取らない(=同じ比率で各アセットをバラで買っても安くならない)と言われているのは印象的でした。



(6)残念なこと
・質問のために何度か挙手したのですが、時間の都合か、存在感が薄かったのか、質問できませんでした^^;
・内藤さんも言われていますが、120名もの参加者の属性や期待値が分かりにくかったのは残念。どんな年齢の人たちで、どんな投資暦を持っていて、何に期待をしていて、イベントの感想はどうだったのか・・・
もし、次回に同様の企画をするのであれば、このあたりを無記名のアンケートで集計しても面白いとは思いますが、えんどうさん、いかがでしょう?
##やるのであれば手伝います







(いまさら)インデックス投資ナイト1 - イベントについて

すでに日数が過ぎており、私が書くまでもなく、多くのブロガーの方々がこのイベントについて書かれていますが、1月10日に開催されたインデックス投資ナイトのレポート、というか雑感です。


まずは、主催者とゲストの方々に感謝です。


○主催者の方々
・えんどうさん - インデックス投資家交流の先陣を切ってくださった方で、このイベントでも司会等も担当したいただいた方です。最近のインデックス投資家の交流の活性化の何割かはえんどうさんの貢献が大きい気がします。
このようなイベントに興味がある方は、えんどうさんのブログ(MoneyHacking)は要チェックです!!

・イーノさん - 第1部のパネルディスカッション参加に加えて、Fund of the Year発表の司会と大忙し。
このイベントだけでなく、役に立つブログ(ファンドの海)に加えて、最近では何人もの投資家が利用されているアセットアロケーション分析ツールやポートフォリオグラフ作成ツールを投資信託のガイドにて提供されるという大活躍ぶりです。

・ハナさん - Fund of the Year発表のプレゼンター。下手すると退屈な発表になってしまいがちなファンドベスト10ランキングを見事に発表されていました。ハナさんご本人のブログ(複利の威力)に本人評価として「結構カツゼツよく話せて自分的には超満足!」と書かれていますが、まさにその通りで素晴らしい発表でした。


○トークゲストの方々 (五十音順)
・イーノ・ジュンイチさん
イベント仕切り側でも参加側でも大活躍でした。

・カン・チュンドさん
カンさんのブログ(カン・チュンドの インデックス投資のゴマはこう開け!)でも常々ETFの最新情報を多く発信されており、『日本人が知らなかったETF投資』を昨年出版されたこともあり、ETF専門家として有名なカンさんです。

・竹川美奈子さん
投資信託入門本として有名になった『投資信託にだまされるな!−本当に正しい投信の使い方』で有名な竹川さんです。
 竹川さんのHP:About Money

・内藤忍さん
私などの紹介もいらないほど有名な株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長の内藤さんです。内藤さんの著書である『内藤忍の資産設計塾』は何度も読ませていただきましたし、ブログ(SHINOBY'S WORLD)も読んでいます。

・山崎元さん
あまりにも有名で活動範囲が広すぎて何とご紹介したらよろしいのでしょう^^;
山崎さんご本人のブログ(「王様の耳はロバの耳」)では以下のように自己紹介されています
〃从冑章晴
楽天証券経済研究所客員研究員
3式会社マイベンチマーク代表



内容についてはいろいろな方がアップされていますが、ここでは水瀬ケンイチさんの梅屋敷のランダムウォーカーをお勧めさせていただきます。会場でのやり取りをボイスレコーダーで記録して書き起こした素晴らしいレポートが3部作で載っております。
本職ですか?と思うくらいに作業が早い^^;
インデックス投資ナイト実況レポート(その1)
インデックス投資ナイト実況レポート(その2)
インデックス投資ナイト実況レポート(その3)


『投信ブロガーが選ぶFund of Year』の発表もあったのですが、こちらは企画者であるrennyさんのrennyの備忘録を紹介させていただきます。
決定!投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2008

そして、Fund of Yearの授賞式でSTAMシリーズを提供している住信アセットマネジメントの橋本さんが出席されており、そこでのスピーチがまた興味をそそるものでした。

(1)STAMシリーズを成長させたい(資産残高100倍)
(2)まだ完成度が低いSTAMシリーズの2ファンドの
  完成度を高めること
  ##どのファンドかは不明
(3)新バランスファンドではアセットアロケーションで
  お金を取らないので、バラで買うのと比べて損に
  ならない
等々。


続きは、その2へ・・・



私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives