吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



たわらノーロード

SBI証券の投信マイレージの対象が,原則全ての投信へと拡大

sunset 夕日 日没

ニッセイの低信託報酬ファンドがSBI証券の投信マイレージ対象外へ 〜そりゃそうだ (2015年11月18日)

先日、ニッセイアセットマネジメントが3つのインデックスファンドの信託報酬を引き下げました。
これら3ファンドの販売会社の取り分は0.065%〜0.105%まで低減しています。

一方、SBI証券の投信マイレージは投信保有残高の0.12%還元(SBIカードと連携利用時。1000万円を超えると2倍の0.24%)となっています。中にはポイントを失効する人もいるでしょうが、投信マイレージの仕組み込みで考えるとこれらのファンドは売っても儲からないファンドになってしまいました。
三井住友アセットマネジメントの低信託報酬インデックスファンドは、投信マイレージにとっては対象にするにしても対象外にするにしても毒であり、採用に踏み切れなかったんだろうなと思います。
以前にこのように書きました。

しかし,これから1年少し経ち,これを覆すニュースリリースがありました。
続きを読む







ニッセイAMが<購入・換金手数料なし>シリーズの信託報酬を引き下げ

nissey_am


以前から噂にはなっていましたが,正式に発表されて,日経新聞でも取り上げられました。
<購入・換金手数料なし>シリーズ7商品の信託報酬率引き下げについて (ニッセイアセットマネジメント)
ニッセイアセットが投信手数料引き下げ、最低水準に (日経新聞)

信託報酬引き下げ対象ファンド

対象の7ファンドは以下の通りです。(従来の信託報酬 → 新しい信託報酬)
    • ニッセイTOPIXインデックスファンド (0.290% → 0.180%)
    • ニッセイJPX日経400インデックスファンド (0.310% → 0.195%)
    • ニッセイ国内債券インデックスファンド (0.150% → 0.145%)
    • ニッセイ外国株式インデックスファンド (0.240% → 0.200%)
    • ニッセイ外国債券インデックスファンド (0.200% → 0.170%)
    • ニッセイJリートインデックスファンド (0.335% → 0.250%)
    • ニッセイグローバルリートインデックスファンド (0.450% → 0.270%)
※ニッセイアセットマネジメントの発表資料から作成


0.005%(国内債券)~0.18%(グローバルリート) とファンドによって信託報酬引き下げ幅が異なるのはたファンドとの競争の都合ですね。7ファンド中6ファンドは「三井住友DC」「たわら」「iFree」などのライバルの中で信託報酬が一番低いファンドから0.01パーセントポイント以上低い数字になっています。
※国内債券については,金利情勢で信託報酬が変わるiFreeの低い水準が0.140%なので,ここよりは0.005高いですが

信託報酬引き下げ実施は 11月18日&11月22日

本日アナウンスがありましたが,信託報酬の引き下げが発生するのは以下の日になります。
    • 11月18日: ニッセイTOPIXインデックスファンド
    • 11月22日: 他6ファンド

保有ファンドの引き下げは,新規ファンドの登場より嬉しい

続きを読む



楽天証券が個人型確定拠出年金の取り扱い商品を発表 〜 間違い探し

楽天証券 rakuten-sec

楽天証券が個人型確定拠出年金の取扱商品についてリリースアナウンスメントを出しました。

【9月下旬申込受付スタート】確定拠出年金の商品ラインアップ発表(第一弾)

ここでは低信託報酬の三井住友・DC日本株式インデックスファンドSなどがリストされたり…と信託報酬に敏感な投資家に注目な内容も発表されていましたが,ある意味でそれ以上の注目を集めていたのは間違い探し

以下はリリースアナウンスが出た直後に発表された取り扱い投資信託の表です。
rakuten_dc_1st

この中からおかしな点を見つけられたでしょうか?

続きを読む



主要インデックスファンドの信託報酬を1枚の図で表してみる (2016年9月版)



2014年12月にインデックスファンドシリーズの主なアセットの信託報酬をマップしました。
「アセットのカテゴリ」及び「信託報酬」で低コストインデックスファンドシリーズのプロット図を作ってみた 〜 ニッセイAMから低信託報酬ファンド登場

それからたわらノーロードシリーズが出たり,他ファンドが信託報酬を引き下げたり…といろいろありました。そして,最近ではiFreeシリーズの登場も公表されました。そんなこともあって,同じコンセプトで情報を更新してみました。

IndexFund_Cost_201609


続きを読む



たわらシリーズから「たわらノーロード 新興国株式」が信託報酬0.495%で登場します

tawara_noload

今回のネタもバリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩たわらノーロードに新興国株式とスマートベータ戦略「plus」3本の計4本が追加で知りました。

新興国株式の代表的インデックス指数であるMSCIエマージング・マーケット・インデックスに連動するたわらノーロード 新興国株式が登場します。

なんと信託報酬は0.495%(税抜き)ということで0.5%を切ってきました。

これでたわらノーロードシリーズのラインナップは以下のようになりました。 (Plus除く)続きを読む



私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives