吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



いつかはゆかし

いつかはゆかしの「アブラハムグループ」が「あゆみトラストグループ」へ

timeforchange

私がよくウォッチしていたいつかはゆかしアブラハム・プライベートバンク及びその関連会社(アブラハム・グループ・ホールディングス株式会社等)に動きがありました。

以下のように社名を変更したようです。
    • アブラハムグループ → あゆみトラストグループ
    • アブラハム・グループ・ホールディングス株式会社 → あゆみトラスト・ホールディングス株式会社
    • アブラハム・プライベートバンク株式会社 → ヘッジファンドダイレクト株式会社
    • アブラハム・ウェルスメディア株式会社 → ゆかしウェルスメディア株式会社
    • アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社 → 変更無し
グループ商号並びにグループ各社の一部商号変更について (あゆみトラスト・ホールディングス株式会社)


これに伴い、サイトのURLも次のように変わっています。
この社名変更によって特別にサービスが変わったということはありませんが、興味深かった点が2つほど。

続きを読む







アブラハム・ウェルスマネジメントの広告及び新サービス

アブラハム・ウェルスマネジメント いつかはゆかし アブラハム・プライベートバンク

以前から数多くアブラハムグループのことは取り上げていますが、そのアブラハムグループの1つである、アブラハム・ウェルスマネジメントのサービスのWeb広告が少し話題になっていました。
今回はその広告及びアブラハム・ウェルスマネジメントのサービスについて少し思うところを書いてみたい。


●以前のアブラハムグループ関連の記事
吊られた男の投資ブログ (インデックス投資) : アブラハム・プライベートバンク

広告の「元本確保」「元本安心」という表現について

まずは、広告を見てみます。広告では「元本確保」「元本安心」といった表現が幾度と出てきます。

しかし、よくよく読んでみると外貨建てでの元本の確保であったり、ある特定のシナリオが実現したケースにおいての実質的な購買力の維持といった内容で、いわゆる円としての元本確保は一切行われていません
特に広告においては外貨建てでの元本確保だということが直接的に記載されているのは、よくある質問の中の「当社のご提案するメソッドでは、投資通貨建てで元本は米国政府により保証…」とある箇所くらいです。これは見つけるのが難しい。

なお、アブラハム・ウェルスマネジメント及び他のアブラハムグループの会社が所属している業界団体ではありませんが、日本証券業協会広告等に関する指針を出しています。
この指針では、協会員が金融商品取引業の内容について広告を行う場合に守るべき事項が記載されています。その中で、投資信託や債券において「法定記載事項」として「為替リスクに関する文言」を記載することと定められているから、ちゃんとやれよ、という趣旨のことが書いてあります。

この点について、アブラハム・ウェルスマネジメントのロジックは金融商品仲介業としての広告ではなく、コンサルティング業としての広告だから大丈夫だと、高岡壮一郎氏がFacebookで主張されています。(「このネット広告は金融商品販売の広告ではありません。投資ノウハウを提供する会員制情報サービスです)
しかし、以前にアブラハム・プライベートバンクが行政処分を受けた時にも同じように高岡氏は大丈夫と言いながら内容の不適切さを指摘されましたが…大丈夫でしょうか。
ちょっと金融庁の見解を聞いてみたいところであります。

投資元本の価値をアメリカ政府が保証していますはアウトじゃないだろうか

また、広告の中には以下の様な表現がありますが、これはアウトじゃないでしょうか。
「投資元本の価値」はアメリカ政府がGOAL時点での投資通貨建てで保証しています。
この表現だと、アブラハム・ウェルスマネジメントの提案する投資メソッドに基づいた投資元本(の価値)をアメリカ政府が保証するかのような表現です。しかし、アメリカ政府がアブラハム・ウェルスマネジメントやその投資法の元本を保証するはずもありません。
あくまでどの投資手法であれ、その投資の中でアメリカ国債に投資していれば、それについては満期時に元本を保証するというだけです。
更に言うと、アメリカ国債に限定しても疑問があります。アブラハム・ウェルスマネジメントの広告の中では、購買力の維持というお金の実質的価値について言及されていますが、アメリカ政府はアメリカ国債の元本を保証するのみです。その購買力(実質価値)を保証するものではありません。「インフレ率>国債利回り」となれば、満期時(GOAL時)の実質的な購買力という意味での価値は下がるはずで、何を持って「投資元本の価値」をアメリカ政府が保証すると言っているのかも不思議なところです。

閑話休題: 前回の行政処分への認識がちょっと違う

前回の業務停止処分を受けた理由として、アブラハムグループ代表の高岡氏は次のように述べています。(参考: Now or Neverのインタビュー記事)
そこで、「金融商品を買う場合は、日本の証券会社を通す」という金融規制に抵触していると解釈され、日本の金融行政・秩序を大きく揺るがすものとして、行政処分で業務停止となったわけです。
しかし、これは完全に誤りです。インタラクティブ・ブローカーズ証券など、日本の個人投資家が直接海外の証券会社の商品を購入することは可能です。
アブラハム社が行政処分を受けたのは、無資格で販売していたからです。投資助言の資格しか持っていないにもかかわらず、実質ハンサードの代理店としてハンサードの商品を販売したことが問題でした。
普通自動車免許で大型トラックを運転すれば法律違反という当たり前の話です。
こういう言い訳をしたい気持ちはわかりますが、この手の言い訳は長期で見ると金融庁などからも睨まれるだけですし、悪手ではないでしょうか。


さて、次はサービス内容を見てみたい。
続きを読む



晋遊舎の『Ambitious vol.3』の【副業&投資 儲けの秘訣123】に掲載されました

雑誌 Magazine


1月27日に発売された『Ambitious Vol.3』では【副業&投資 儲けの秘訣123】という特集があり、そこに1/4ページほどですが掲載されました。


表紙でわかるように「如何に儲けるか(儲けたか)」というテーマのムック本です。一番の推しは副業、特にせどり関係でしたが、投資家枠としてインデックス投資で資産が増えた部分が取り上げられました。
同じ見開きページの中には年数千万円という人もいるので、まったくもって威張れるものでもありませんが、「グローバルなインデックス投資で着実に平均点を稼ぐ」というタイトルが付けられて掲載されています。

自分が掲載された雑誌ということで目を通していますが、いろいろな儲け話があって結構面白い雑誌です。
続きを読む



アブラハム再始動 〜アブラハム・ウェルスマネジメントの新サービス

アブラハム・ウェルスマネジメント いつかはゆかし アブラハム・プライベートバンク

<※2015/1/9 0:45 更新あり>
2013年から2014年の初頭にかけて、このブログで幾度と取り上げたアブラハムグループの話です。(参考: 過去にアブラハム関係で書いたエントリーたち)

いつかはゆかしに関するアブラハム・プライベートバンクへの行政処分以来、特に大きな動きはなかったアブラハムグループに新たな動きがありました。アブラハム・ウェルスマネジメントという会社を立ち上げて新しいサービスを提供するようです。(アブラハム・ウェルスマネジメントの公式サイト)


(1) 会社について

代表取締役は、アブラハム・プライベートバンクや親会社のアブラハム・グループ・ホールディングスと同じ高岡壮一郎氏。高岡氏以外の取締役はアブラハム・プライベートバンク同様に塩谷薫氏と横山直樹氏です。

また、業者としての登録は金融商品仲介業者とのことです。


(2) サービスの内容

続きを読む



「あやしい投資話に乗ってみた」はおもしろい読み物

怪しい

書店に平積みになっていた『あやしい投資話に乗ってみた』という本を手に取って読んでみました。

これは読み物として面白い!

著者は 藤原久敏氏というファイナンシャルプランナー(FP)の方なのですが、本のタイトル通り、いろいろ怪しい投資に手を出しています。

目次からしても非常に怪しい投資が並んでいます。
1章 未公開株を買ってみた
2章 新規公開株を買ってみた
3章 和牛オーナーになってみた
4章 海外ファンドを買ってみた
5章 超高金利の銀行に預金してみた
6章 FXで新興国通貨に投資してみた
7章 先物取引をやってみた

続きを読む



連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives