吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



投資信託・ETF

2016年 年間資産運用状況 (投資額/評価額公開中)

scorecard


 2015年末2016年末前年度からの増減額増減率(対前年度)
投資額¥18,289,640¥19,789,640+¥1,500,000+8.2%
評価額¥27,736,251¥30,033,409+¥2,297,158+8.28%

年中、バラバラと追加投資しているので年間の正確な運用利回りを出すのは難しいのですが、

[2015年末の評価額]+[2016年の追加投資額]を元本として、[2016年末の評価額]になったと仮定して計算すると(ようするに2016年の追加投資額は全部年初に行われたという想定)

2016年の運用利回りは+2.73%となりました。

そして2007年来 及び 2016年中の資産推移グラフは以下のとおり。
続きを読む







セゾン投信のブロガーズミーティングに参加

saison_toushin_logo

先日行われたセゾン投信のブロガーズミーティングに参加してきました。

参加ブロガーは私を含めて10名

ブロガーズミーティングと銘打たれているだけあって,他の参加者もブロガーで以下の方々が参加されていました。

テーマは2つで「フィデューシャリー・デューティー」「個人型確定拠出年金/IDeCo」


続きを読む



12月26日分を持って2016年の投資行動終了

balls

今年は12月26日約定分を持って投資行動完了となります。追加投資も打ち止めです。
何とか駆け込みでNISA枠を埋めたという形になります。

2016年はこのブログを始めてから,投資に対して最も手抜きな1年でした。毎月購入はしないまでも四半期では一度くらいは追加投資をしたいと考えていたのですが,現実的には購入することすら億劫になって,四半期報告のために駆け込みで購入したりと非常に怠慢な購入活動でした。

2016年の追加投資日及び投資額
    • 3月30日に45万円
    • 8月19日に45万円
    • 12月26日に60万円

始めた頃は毎日基準価額を見ていたと言うのに,時間も経てば変わるものです。




「ドルコスト平均法 vs. 一括投資」? ドルコスト平均法の比較相手は定口数買付では?


最近はドルコスト平均法(定額買い付け)と一括投資を比較する話をしばしば目にします。私もこの手の話には乗っかります。
しかし,そもそもドルコスト平均法って一括投資と比較するようなものでしたか?

社会人になった時の投資教育では「ドルコスト平均法 vs. 定口数買付」だった

私が社会人になってすぐに会社の確定拠出年金教育で受けた説明でもドルコスト平均法の説明がありました。
ここでドルコスト平均法の比較対象となったのは定口数買付です。具体的には「毎月1万円ずつ購入する vs. 毎月1万口ずつ購入する」のような比較です。相場の上下動がある場合,以下のように安い時にたくさん買って高い時に少なくしか買わないドルコスト平均法の方が有利という結論が説明されます。

dollar_average
(同じ9万円の購入でもドルコスト平均法では91,237口と1,237口多く買えている)

続きを読む



松井証券の投資信託事業再参入は100%インデックスファンドでスタート

松井証券

先日のトータルコスト0.38%以下という低コストを引っ提げて松井証券のロボアドバイザーサービス『投信工房』が登場を書いた際にも明らかになっていたことですが,松井証券が投資信託事業に再参入です。 (投信工房で投資信託を扱うのだから当たり前)

単に1証券会社が投資信託の取扱を始めただけなら大したニュースバリューもないのですが,松井証券の場合は取り扱いの内容が面白い。
松井証券 投資信託


続きを読む



連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
Archives