吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

一般サラリーマンが主に投資信託を使って低コスト・パッシブ投資(インデックス投資)で資産形成中



投資信託・ETF

ラップ口座と海外ETFとアットコスト

libra

●ラップ口座とアットコスト

個人が資産運用を証券会社などに一任する「ラップ口座」の残高が急増している。残高は3月末時点で1兆3760億円に達し、前年同月末から8割増加した。

日本投資顧問業協会によると、6月末時点のラップ口座の契約総額は前年比90%増の1兆6430億円。


ラップ口座の資金が増えているようです。昨今の相場環境で運用によって増えた部分もあれば、資金流入の影響もあるでしょう。最近のラップ口座は最低投資額が下がっており、(ファンド)ラップ口座に投資できる層が拡大しています。
そんなラップ口座の拡大に大いに貢献しているファンドラップですが、これはいいサービスなのでしょうか。
続きを読む

follow us in feedly にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ







「コツコツとバイ&ホールドのインデックス投資して、いざ取り崩す時に暴落したらどうするの?」→気にするな

running

コツコツと日々の稼ぎの中から投資資金を捻出してバイ&ホールドのインデックス投資に対する懸念(批判?)として、「いざ取り崩す時に暴落したらどうするの?」というものがあります。


結論から言うと「気にするな」です。

インデックス投資の基本さえ守れていれば、問題なしです。


取り崩す時というのは、だいたいは定年で引退して収入がなくなる/激減するあたりでしょう。(アーリーリタイアという可能性もあり)
そして、先の批判を具体的に言うと「65歳時点で5000万円まで資産を増やしたが、そこでリーマンショックのような暴落が来たらせっかく増えた資金が減っちゃって…」という話です。

しかし、そのタイミングで暴落が来てもほとんど問題無し、ノープロブレム、モーマンタイ、マイペンライです。

続きを読む

follow us in feedly にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



等金額ウェイトインデックスを見てみる (MSCI World Equal Weighted Index)

Equal Weighted Index?

先日は、等金額ウェイトのポートフォリオの話をしました。
分散の観点から見ると時価総額ウェイトはバランスが悪い

しかし、実際に運用するとしたらどうしたらいいのでしょうか?

当金額とはいっても構成銘柄の価格は刻々と変わります。1日の取引終了でも上がった銘柄もあれば下がった銘柄もあって、各銘柄のウェイトは等金額ではなくなります。毎日等金額に揃えようとしたら運用が大変になりそうですし、取引コストもバカになりません。
また、IPOや市場替えで構成銘柄が増えることもあれば、上場廃止やM&Aで銘柄がなくなることもあります。こういう銘柄増減があった時にはどうするのでしょう。


そこで、今回は等金額ウェイトのインデックスの話をしてみます。
続きを読む

follow us in feedly にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



大手運用会社の三井住友アセットマネジメントが投資信託を直接販売へ

market

すでに多くの投資信託マニア投資信託ブログで取り上げられていますが、三井住友アセットマネジメントが投資信託のネット直販を始めるという報道がありました。 (※ソースは日経)

三井住友アセット、投信をネット直販 手数料抑える(日経新聞)
 大手資産運用会社の三井住友アセットマネジメントは、インターネットを通じて投資信託を個人に直接販売する事業を2015年度から始める。
 来年4月をメドに専用ファンドを数本つくり、ネットで販売を始める。日本株で積極的に運用するタイプや、株や債券などに分散投資するバランス型運用の商品を投入する計画だ。

三井住友アセットマネジメントと言えば、モーニングスターによるとDC専用/ラップ口座専用を除いて224本もの投資信託を運用している運用会社です。たとえば、以下のような投資信託を運用しています。
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・レアル
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・豪ドル
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・ランド
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・資源国
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・米ドル
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ・レアル(年1)
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・リラ
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・ペソ
    • 三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数F・円
    • ブラジルインフレ連動債F毎月(H無)
    • ブラジルインフレ連動債F資産(H無)
    • ブラジルインフレ連動債F毎月(円・ユーロ)
    • ブラジルインフレ連動債F毎月(円・米ドル)
    • TPP戦略株式ファンド
    • シナプス(Synapse)
    • YOURMIRAI 米国株マキシマム・ブル
    • YOURMIRAI 日本株マキシマム・ブル
    • YOURMIRAI 欧州株マキシマム・ブル

…って、例がよくない?
面白そうなのを引っ張ってきてしまいました。

続きを読む

follow us in feedly にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



インデックス投資は複数の投資信託を組み合わせるかバランスファンド1本でやるか




インデックス投資は分散して長期のバイ&ホールドが基本です。
その中で、何にどの比率で分散するか、リバランスはどうするか…などが各自の主なアレンジの箇所になります。

そんなインデックス投資を行動に移す時、以下のような選択肢があります。
    1. 複数のファンドを組み合わせて投資する
    2. 1本のバランスファンドで投資する

これに対する私の見解は究極的な理想はバランスファンド1本。しかし、現実的なオペレーションを考えるとバランスファンド1本はそう簡単ではないです。

以下に少し詳しく説明を。

続きを読む

follow us in feedly にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



連絡先
吊られた男への連絡は下記メールアドレスまでお願いします。
tsurao@gmail.com
Recent Comments
広告
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信

○楽天証券


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
Archives
日本曲馬
  • ライブドアブログ