吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



統計・投資知識

「ドルコスト平均法 vs. 一括投資」? ドルコスト平均法の比較相手は定口数買付では?


最近はドルコスト平均法(定額買い付け)と一括投資を比較する話をしばしば目にします。私もこの手の話には乗っかります。
しかし,そもそもドルコスト平均法って一括投資と比較するようなものでしたか?

社会人になった時の投資教育では「ドルコスト平均法 vs. 定口数買付」だった

私が社会人になってすぐに会社の確定拠出年金教育で受けた説明でもドルコスト平均法の説明がありました。
ここでドルコスト平均法の比較対象となったのは定口数買付です。具体的には「毎月1万円ずつ購入する vs. 毎月1万口ずつ購入する」のような比較です。相場の上下動がある場合,以下のように安い時にたくさん買って高い時に少なくしか買わないドルコスト平均法の方が有利という結論が説明されます。

dollar_average
(同じ9万円の購入でもドルコスト平均法では91,237口と1,237口多く買えている)

続きを読む







インデックス投資が情弱の投資だとして,情報強者になると何が嬉しい?

情報弱者

すべての投資家は情弱である (The Arts and Investment Studies)

上のブログも一つ念頭に置いて読んでいただけると面白いかもしれません。

インデックス投資は,具体的にはインデックスファンドを活用して広く国際分散投資して持っておくだけ (※細かくはリバランスやリスクに応じたリスク配分の見直しなどもありますが割愛) ということで「インデックス投資家は思考停止」「インデックス投資家は情弱(情報弱者)だ」のような批判があります。

毎日のように各社のIRを読み込んでいたり世界経済の情報に目を通している人でもインデックス投資はできるので,インデックス投資している人を思考停止している人や情報弱者と決めつけるのは乱暴だな…とも思うのですが,それはちょっと脇道なのでおいておきます。

情弱で何が問題なのか?

インデックス投資家の中には情弱でない人もいるでしょうが,ここでは「インデックス投資家には情弱が多い」を前提条件とします。では,情弱だと何が問題なのでしょうか。

続きを読む



金融リテラシー調査結果が公表されています。日本人の金融リテラシーや如何に!?



金融リテラシー調査2016年調査結果 (知るぽると)

金融リテラシー調査の結果が発表されました。いろいろ興味深い結果がありますが、その中からいくつかをご紹介。

複利の金利計算は苦手な模様

税金を考慮せず、100万円を年率2%の利息がつく預金口座に預けた場合に5年後に口座の残高がいくらになっているか、という問題で「110万円より多い」という正解を選んだのが42.9%と半数以下でした。「上記の条件だけでは答えられない」を選んだ人が10.7%おり、ここには分かっていて少しひねくれた人がいるのかもしれませんが、それにしても正答率は高くありません。

10万円の借り入れがあって金利が複利で年率20%の場合に返済しないと何年で倍になるか、という問題で正解の2年以上5年未満を選んだ人は40.6%です。2年未満が2.7%、5年以上10年未満が16%、10年以上が2.6%で、分からないが38.1%となっています。年率20%の単利だと20%×5年=100%で倍なのですから、複利だとそれより短いということで2年以上5年未満ということは、複利を理解している人にはすぐに計算できそうなものですが、複利の概念がよく分かっていない人が多い模様です。

契約の時の注意事項は…

続きを読む



インデックス投資が貴方のベストとは限らない。自分にあった投資方法を選びましょう

sakura_megurogawa

2012年でしたか、同じようなタイトルでブログに書きましたが、少し時間も経過しているので再度今の私の考えで書いてみたいと思います。
 ・参考: 自分に合った投資方法を見つけよう/投資方法にあった行動を取ろう

先日、インデックス投資とは投資における民主主義と書きました。
民主主義と言えば、『民主主義は最悪の政治といえる。これまで試みられてきた民主主義以外の全ての政治体制を除けば』というイギリス元首相であるチャーチルの有名な言葉があります。これは巧い表現です。民主主義が良い政治体制と言いつつも、欠点もあるということを包含しています。
今の日本でも首都である東京で、5千万円貰ったために辞めた猪瀬都知事の後釜に選ばれたのが舛添都知事というブラックジョークになっていることも一つの証左でしょう。

「良いんだけど、欠点も多数で完璧とは程遠い…」

民主主義の位置づけはこんなところでしょうか。

インデックス投資は?

続きを読む



ハイリスク・ハイリターンと言うけれど…… リスクがリターンを生むとは限らない

light

世の中、投資の原則として「ハイリスク・ハイリターン」「ローリスク・ローリターン」と言われます。
これは高いリターンを得ようとするなら高いリスクを負わないといけなく、高いリスクを取りたくないならリターンは高くならないという話です。詐欺の話と絡めて「リスクが低いのに大きく儲かるような投資はない」のように言われることもあります。

高いリスク=高いリターンではない

「ハイリスク・ハイリターン」「ローリスク・ローリターン」は間違っているとは言えません。しかし、注意が必要です。
続きを読む



連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
Archives