アブラハム・ウェルスマネジメント いつかはゆかし アブラハム・プライベートバンク

以前から数多くアブラハムグループのことは取り上げていますが、そのアブラハムグループの1つである、アブラハム・ウェルスマネジメントのサービスのWeb広告が少し話題になっていました。
今回はその広告及びアブラハム・ウェルスマネジメントのサービスについて少し思うところを書いてみたい。


●以前のアブラハムグループ関連の記事
吊られた男の投資ブログ (インデックス投資) : アブラハム・プライベートバンク

広告の「元本確保」「元本安心」という表現について

まずは、広告を見てみます。広告では「元本確保」「元本安心」といった表現が幾度と出てきます。

しかし、よくよく読んでみると外貨建てでの元本の確保であったり、ある特定のシナリオが実現したケースにおいての実質的な購買力の維持といった内容で、いわゆる円としての元本確保は一切行われていません
特に広告においては外貨建てでの元本確保だということが直接的に記載されているのは、よくある質問の中の「当社のご提案するメソッドでは、投資通貨建てで元本は米国政府により保証…」とある箇所くらいです。これは見つけるのが難しい。

なお、アブラハム・ウェルスマネジメント及び他のアブラハムグループの会社が所属している業界団体ではありませんが、日本証券業協会広告等に関する指針を出しています。
この指針では、協会員が金融商品取引業の内容について広告を行う場合に守るべき事項が記載されています。その中で、投資信託や債券において「法定記載事項」として「為替リスクに関する文言」を記載することと定められているから、ちゃんとやれよ、という趣旨のことが書いてあります。

この点について、アブラハム・ウェルスマネジメントのロジックは金融商品仲介業としての広告ではなく、コンサルティング業としての広告だから大丈夫だと、高岡壮一郎氏がFacebookで主張されています。(「このネット広告は金融商品販売の広告ではありません。投資ノウハウを提供する会員制情報サービスです)
しかし、以前にアブラハム・プライベートバンクが行政処分を受けた時にも同じように高岡氏は大丈夫と言いながら内容の不適切さを指摘されましたが…大丈夫でしょうか。
ちょっと金融庁の見解を聞いてみたいところであります。

投資元本の価値をアメリカ政府が保証していますはアウトじゃないだろうか

また、広告の中には以下の様な表現がありますが、これはアウトじゃないでしょうか。
「投資元本の価値」はアメリカ政府がGOAL時点での投資通貨建てで保証しています。
この表現だと、アブラハム・ウェルスマネジメントの提案する投資メソッドに基づいた投資元本(の価値)をアメリカ政府が保証するかのような表現です。しかし、アメリカ政府がアブラハム・ウェルスマネジメントやその投資法の元本を保証するはずもありません。
あくまでどの投資手法であれ、その投資の中でアメリカ国債に投資していれば、それについては満期時に元本を保証するというだけです。
更に言うと、アメリカ国債に限定しても疑問があります。アブラハム・ウェルスマネジメントの広告の中では、購買力の維持というお金の実質的価値について言及されていますが、アメリカ政府はアメリカ国債の元本を保証するのみです。その購買力(実質価値)を保証するものではありません。「インフレ率>国債利回り」となれば、満期時(GOAL時)の実質的な購買力という意味での価値は下がるはずで、何を持って「投資元本の価値」をアメリカ政府が保証すると言っているのかも不思議なところです。

閑話休題: 前回の行政処分への認識がちょっと違う

前回の業務停止処分を受けた理由として、アブラハムグループ代表の高岡氏は次のように述べています。(参考: Now or Neverのインタビュー記事)
そこで、「金融商品を買う場合は、日本の証券会社を通す」という金融規制に抵触していると解釈され、日本の金融行政・秩序を大きく揺るがすものとして、行政処分で業務停止となったわけです。
しかし、これは完全に誤りです。インタラクティブ・ブローカーズ証券など、日本の個人投資家が直接海外の証券会社の商品を購入することは可能です。
アブラハム社が行政処分を受けたのは、無資格で販売していたからです。投資助言の資格しか持っていないにもかかわらず、実質ハンサードの代理店としてハンサードの商品を販売したことが問題でした。
普通自動車免許で大型トラックを運転すれば法律違反という当たり前の話です。
こういう言い訳をしたい気持ちはわかりますが、この手の言い訳は長期で見ると金融庁などからも睨まれるだけですし、悪手ではないでしょうか。


さて、次はサービス内容を見てみたい。

アブラハム・ウェルスマネジメントのサービスとは

アブラハム・ウェルスマネジメントの事業内容

サービス内容に入る前に事業内容を確認しておきます。アブラハム・ウェルスマネジメントの公式サイトを見ると事業内容として以下の4つが記載されています。
    • 富裕層向け情報サービス業
    • ファイナンシャル・プランニングに係るコンサルティング業
    • 金融商品仲介業
    • 投資教育及びセミナー事業
今回ポイントとなってくるのは、「コンサルティング業」「金融商品仲介業」です。
以前に「いつかはゆかし」で盛大に行政処分を受けた際には、無資格で実質的にハンサードの商品を紹介していたことが問題となりました(投資助言では特定金融商品/サービスの紹介はしてはならない)。
そこで新会社は金融商品仲介業として登録されたのでしょう。これによって所属金融商品取引業者であるPWM日本証券株式会社の商品を紹介することができ、そこから得られる手数料で稼ぐビジネスを行えます。
一方、コンサルティング業も今回の話にはかかわってきます。

『アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社 会員規約』(2015年2月27日改訂版)の第7章によると、アブラハム・ウェルスマネジメントが提供するサービスは以下で「本サービスには、個別金融商品の紹介または個別金融商品に係る情報提供等は含まれておりません。」とのことです。
    • 元本確保型を中心とするポートフォリオの提案及び金融商品に係るコンサルティング・サービス
    • 一般的な経済情報の提供
    • 一般的な金融リテラシー情報の提供
    • 老後を含めたライフプランニング全般に関する情報提供
    • 税理士等の外部専門家の紹介セミナー参加機会の提供
    • 富裕層向け情報の提供
あくまでコンサルティングという立場のようで、金融商品仲介業としての顔は出していないという形式を取っています。
 ※会員規約はサービス申し込みページ(https://abraham-wealth.co.jp/service/contract/)の中に埋め込まれています。

しかし、同じ第7章の第2項「会員は、本サービスの提供を受けるにあたり、以下の事項及びリスク等に同意するものとします。」の中に次の記述があります。
∧声劼蓮▲灰鵐汽襯謄ング業に加え、金融商品取引法第66条に基づき関東財務局長から登録(登録番号: 関東財務局長(金仲)第714号)を受け、金融商品仲介業を行っており、本サービスの提供とは別に、本サービスの提供と同時又は提供後に、弊社の所属金融商品取引業者から売買の媒介、募集又は私募の取扱いの媒介の委託を受けた、主として、外国債券(ゼロクーポン債、劣後債等)、国内債券(劣後債等)、投資信託受益証券、外国投資信託受益証券等の金融商品の取得勧誘(以下「金融商品の取得勧誘」という。)を会員に対して行います。
カッコ書きも多くて分かりづらいですが、ようするに「このサービスに申し込むともれなく、"金融商品仲介業の内容がついてくるし、あなたは同意したことになるからね」という話です。
もれなくセットなら、実質的にはサービスの一つじゃないのか……と思うところですが、アブラハム・ウェルスマネジメントは金融商品仲介業の資格が必要なサービスではないという形式を取りたいがためにこういう形にしているのでしょう。

なお、先にも紹介しましたが、高岡氏はFacebookでは以下のように金融商品仲介業務は入会後に一部の方からご要望を受けて提供していますと主張されていますが、サービス規約の内容とこの発言は一致するように思えないというのが正直な感想です。
そもそも、このネット広告は金融商品販売の広告ではありません。投資ノウハウを提供する会員制情報サービスです。 金融商品仲介業務は、入会後の一部の方からご要望を受けて提供しています。



元本確保型の投資メソッドはオーソドックスな手法

さて、いろいろと書いてきましたが、端的に気になるのはこのサービスはどうなのか?でしょう。「和牛商法やエビ養殖やMARS投資のように詐欺じゃないのか?」という声もあるでしょう。
しかし、その手の心配はいらないと思います。
行政処分を受けた「いつかはゆかし」でも、顧客の資金が消えていたわけではなく、ハンサードの商品を紹介していただけです。今回のアブラハム・ウェルスマネジメントが誇る外貨建ての元本確保型投資メソッド自体は少し前に流行した投資メソッドで非常にオーソドックスなものです。

最近は外国通貨/債券の金利が下がってきたので下火になりましたが、2007/2008年頃までは、外国通貨/債券の金利は高く、外貨建元本確保の商品は人気でした。
具体的には、外貨建てでの元本確保の変額年金保険といった商品が良く宣伝されていました。最近は注目度が下がっていますが、依然として国債で元本を確保する外貨建て元本確保型の保険を取り扱っている保険会社はあります。
アブラハム・ウェルスマネジメントは、具体的には所属金融商品取引業者となっているPWM日本証券株式会社での商品購入を勧めるのでしょうから、アブラハム・ウェルスマネジメントのアドバイスに従っていくと、外貨建て元本確保投資をある証券会社で行うという非常にオーソドックスな投資方法になりそうです。



【関連コンテンツ】