銀行や証券会社によるNISAの口座獲得競争が激しくなっていますが、制度が開始される2014年前半が下げ相場だった場合、非常に面白いことになりそうです。

NISAは「儲かった場合の利益は非課税」ですが、損している場合には何の恩恵もありません。むしろ損益通算ができない分だけ不利な仕組みです。

大々的な宣伝によって多くの人がNISAの口座を開くでしょう。彼らが投資開始早々に損失ばかりとなれば「非課税でお得と言われたから投資したのに、非課税どころか利益が出てないじゃないか!!」とかなり騒ぎそうです。

こうなると「投資なんてやっぱり博打だ」というイメージが広まり、NISA自体の盛り上がりにも水を差すのみならず、NISAを入口にしてその後ろにある資金を獲得しようという目論見も破綻しかねません。

仮にそうなった場合に金融機関がどう対応するか、NISAという制度がどう転ぶか・・・自分の資産は痛みますし、ただの怖いもの見たさですが見てみたい気もします。


【関連コンテンツ】