株高円安傾向の2013年、金融資産を増やしている人の話をよく聞きます。

そんな中、私も金融資産を増やしていたのですが、1日にして金融資産が一気にマイナス数千万となり、純金融資産も数千万円以上のマイナスになりました。

住宅購入に伴い、住宅ローンを契約したことが原因です。


「会社員+結婚+2人の子持ち」に「住宅購入」という属性が加わり、私は全くそんなことを望んでいないのですが厚労省などが望むモデル世帯へ近づきつつあります。

今の家が手狭になったからもう少し広い家に移りたいと思っただけだったのに、どうして家を購入することになったんだ・・・(⇒ポストに投函されていたチラシを見て現地MRに行きました。無差別投函チラシにも効果はあるようです)


それにしても、住宅の担保の力はすごいものがあります。
住宅を担保に入れることでほぼフルローンにもかかわらず数千万円という金額を1%を切る(変動)金利で借りられるわけです。ほぼフルローンですから、ちょっとでも住宅価格が下がれば担保割れになるはずですが、それでも借りられます。


私の純金融資産がプラスに戻る日はいつになるだろう…


【関連コンテンツ】