お客さまの投資信託口座および残高の楽天証券への承継について (楽天銀行)
今般、楽天銀行の国内籍投資信託の取扱にかかる投資信託販売事業を、2013年1月1日を効力発生日として、会社分割(吸収分割)という方法によって楽天証券に承継させることといたしました。
これに伴い、お客さまがお持ちの国内籍投資信託につきましては、投資信託口座および投資信託残高が楽天証券に承継されます。

同じ楽天グループの中で銀行と証券に分かれて投資信託を売っていたことにあまり意義があったようには思えず、楽天がイーバンクを買って楽天銀行にした後にオフラインの場などでは「楽天銀行でも楽天証券でも投資信託を売っているけどまとめないのかな…」と言っていましたが、それが実現するようです。
2013年1月1日から楽天証券で保有していた投資信託は楽天証券の口座にて管理されることになります。

今回の承継にあたっては、楽天銀行で保有している投資信託が楽天証券の口座に移るだけなので、楽天銀行で投資信託を持っている人にとって大変なことが起こるわけではありませんが、楽天証券の口座を保有していない人は自動的に楽天証券の口座が開設されてログインID/パスワードは12月上旬ころに送られてくるそうです(※特にご注意いただきたい点)


【関連コンテンツ】