私が3回にわたって取り上げた就活生組合
【参考】
就活生組合は新たな利権団体の危険性
就活生組合の理念の矛盾
就活生組合は代表及び執行役員のモノ(≠就活生のモノ)

時々公式サイトをチェックしていましたが、どうやら2012年2月をもって活動を休止したようです。


創設時の代表である宮内氏が神の啓示を受け預言者として宗教の道に進んで就活生組合を外れたのが2012年の1月25日。これが事実上の活動休止でした。

公式サイトには、宮内氏離脱後に代表となった鈴木氏のtwitterアカウントが掲載されていましたが、これは公式サイトが活動中の時点ですでに削除済みでした。
また、執行役員であり鈴木氏と並んで代表者ページに名前を載せていた渡辺氏もTwitterで「就活生組合やらの運動にかかわった経緯をまとめておくべき・・・」と書いているようにすでに離脱しているようです。

休止とありますが、事実上の活動終了でしょう。


先の批判的なエントリーで書いたように、私は就活生組合の主張は基本的に嫌いでした。
代表の宮内氏はインタビューであえて極端な主張をしたと戦略を語っていました(参考:「経団連の会長とサシで話したい」就活生組合元代表インタビュー)が、このやり口からして嫌いでした。
最初に強気な主張をして交渉に臨むのは強者の論理です。弱者である小さな就活生組合が極端な極論に振れても、強者たる企業は話を聞いてくれません。
また、本来ならば味方にするべき就活生たちからも「あいつらの主張はおかしい」という目で見られてしまいます。(実際にそういう意見も結構ありました)

そんなこんなの就活生組合ですが、個人的な想いを言うと「もう少し頑張ってほしかった」

水に落ちた犬を叩くようですが、この終わり方も気に入りません。
就活生組合は一般の組合員とインターネット組合員を募集していました。ところが突然の休止です。組合員総会が開かれたという形跡もありません。インターネット会員が多いはずなのでオンラインで開催されているべきはずです。
これで終わりでは組織運営としてあまりにもお粗末としか言いようがありません。高校の文化祭実行委員の方がよっぽどマシかもしれません。

このままだと、「完全に世間をなめ腐った甘えた学生たちの戯言だった」で終わってしまいます。そして、このような失敗事例が「就職問題 = 甘いことをほざいている学生が悪い」と言う説の強化に使われてしまいます。

せめて最後の幕引きくらいはきれいに終わってほしいのですが、期待するのは・・・ダメでしょうか。
失敗に終わったものの立ち上がった行動力があるのですから、それくらいは期待したい。


【関連コンテンツ】