先の第4回インデックス投資ナイトに参加 (速報?)で触れましたが、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2011」の結果が発表されました。

1位: CMAM外国株式インデックスe
2位: 結い2101
3位: eMAXIS新興国株式インデックス
4位: ひふみ投信
5位: ニッセイ日経225インデックス
6位: バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT)
7位: バンガード・MSCI・エマージング・マーケットETF (VWO)
8位: セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
9位: STAMグローバル株式インデックス
10位: eMAXIS全世界株式インデックス


1位は私も投票したCMAM外国株式インデックスeでした。
多くのインデックスファンドがランクインしていますが、以下の2点が獲得点数を伸ばした理由でしょう。
 ・低コスト (先進国株式アセットでは最低コスト)
 ・国際株式投資の王道 (MSCI KOKUSAI連動)


類似のライバル商品として、9位にランクインしたSTAMグローバル株式インデックスeMAXIS先進国株式インデックスFunds-i 外国株式などがありますが、現時点ではこのアセットではCMAM外国株式インデックスeが最有力でしょう。


2位には鎌倉投信の結い2101がランクインです。
投信ブログでもファンは多く、会場でも結果発表前にこのファンドが票を伸ばしそうだと予想していました。
以下の2点が評価を集めている点でしょう。
 ・ファンドの銘柄厳選方法への共感
 ・ここまでの実績

しかし、このファンドの支持には2つの大きなリスクがありそうです。
保有銘柄で東京電力やオリンパスのような重大な問題を持つ銘柄が紛れていた場合、銘柄厳選の根本が揺らぎます。その時に共感を失わないのか。
また、現在は日本株の中で良い成績を残していますが、今後もこの成績が続くとは限りません。成績が悪化した場合に支持を失いかねません。
結い2101は2012年以降の投票でどうなっているかを一番注目したいファンドです。1つ、2つはこういうファンドがランクに入っていてほしいとは思うのですが、どうなるでしょう。


3位のeMAXIS新興国株式インデックスは新興国株式アセットの投資信託では頭一つ抜け出しており、妥当なランクインでしょう。
eMAXISシリーズの中でも順調に資産残高を伸ばして100億円に届いたファンドであり、この調子で資産が増える程管理コストも安くなって投資家のメリットが大きくなりそうです。


なお、インデックスファンドで投資している私は、アクティブを除いたインデックスファンドの上位3本(CMAM外国株式インデックスe、eMAXIS新興国株式インデックス、ニッセイ日経225インデックス)で投資しています。


【関連コンテンツ】