投資をしていると(していなくても?)「いくら資産を持っていたら仕事を辞めるか」なんて話が出ることがあります。

投資ブログでも話題になることもありますし、実践されている人もいます。



今の時点の吊られた男の考えを書いてみます。

ただし注意が必要なのは年齢です。30歳時点で将来的に必要な資金と50歳時点では大きく異なります。年齢設定をしないと必要な資産は決められません。そこで今30代なので40歳時点を考えます。

うーん・・・
うーん・・・
うーん・・・
うーん・・・
うーん・・・
うーん・・・
うーん・・・
うーん・・・
うーん・・・
うーん・・・
うーん・・・

40歳時点で8億円!!

これが最低ライン。


「多すぎ!!」、「サラリーマンの生涯年収より多いぞ!!」という意見もあるかもしれませんがまじめです。(たった8億円かよ、という意見もあるでしょう)

生涯年収で3億円稼げれば上出来な社会で8億円は大金と言えるでしょう。(金融資産5億円で超富裕層と呼ばれる)
しかし、生涯年収を越える金額があれば即働かなくていいととは思いません。


60歳や65歳まで働いて生涯年収が3億円ならその範囲で生活するでしょう。でもその3億円の範囲の生活が理想なのか?
もし金融資産が1億円加わったとしたら、労働を減らして労働収入は2億円で満足か?
私の答えはNO。1億円の資産と3億円の労働収入が見込めるなら4億円の生活をしたいと考えます。

海外旅行に行きたい。今だってGW、夏休み、秋休み、クリスマス〜年始という長めの休暇の時に金さえあればヨーロッパや南米とかいろいろ行きたい。いや、旅行なんてけち臭いことは言わずにいろいろな国に住んでみたい。いろいろなところに散らばっている友人になかなか会えないがもっと会いたい。
この前の飛行機で見た『The Bucket List』(最高の人生の見つけ方)ではありませんが、海外に行く以外にも人生で死ぬ前にやりたいことはたくさんあります。
仕事の制約がなければもっとサッカーコーチもしたい。これはそんなにお金はかからない。子ども達のために芝生のグラウンドも欲しい。これは金がかかる。
このようにやりたいことにはお金がかからないこともあれば、お金がかかることもたくさんあります。

そう考えると多少の金融資産があれば現状維持の生活を送れたとしても、自分がやりたいことを叶えるためにそれ以上を求めてしまうでしょう。一度しかない人生ですから。


とりあえずは40歳で8億円が今の私の最低ラインです。
この水準は、今やりたいことを考えた時の金額ですので時間が経てば増減するでしょう。やりたいことが変わるかもしれない。それにあわせて必要な金額が増えるかもしれないし、減るかもしれない。また、現実に8億円あっても辞めないかもしれません。
また、今の仕事を辞めたとしてもサッカークラブの運営からコーチなんて仕事のようなものを始めるかもしれません。

皆さんはどう考えているのでしょうか。


【関連コンテンツ】