MSCIジャパン連動のETFが日本で初の上場、競合より低コスト (Bloomberg)
7月27日(ブルームバーグ):日本の株式市場全体の値動きを示すMSCIジャパン指数に連動する上場投資信託(ETF)が27日、日本の証券取引所に初めて上場した。
日興アセットのETFセンター長、今井幸英氏は「特に東京市場の取引時間とビジネスタイムが一致するアジアの投資家にとって、利便性向上の観点から利用しやすい面がある」とし、普及拡大に期待感を示す。
Bloombergの記事にも書かれているように、MSCIジャパン連動のETFの上場です。

しかし、日本人の投資家はTOPIXや日経225を好むでしょう。少なくともしばらくの間は。
日興が目論むように海外投資家がなじみの指数として投資してくるかがこのETF成功の鍵となりそうです。今のところGoogleして見た限りでは、あまり海外のサイトで注目されているようには見えませんでしたが、今後に注目です。



なお、最後に余談のように
 「MSCIジャパン株」の登場で、日興アセットのETFは14本になった。うち日本株は9本。今井氏は、「日本株を対象としたETFはほぼそろった。今後は海外株などを中心に開発していきたい」と話している。
と書いてありました。日本の世界分散投資を主とする投資家の人にはこちらの方が惹かれる内容かもしれません。MSCI Kokusai、MSCI Emergingはすでに上場済みなので、次はどこを目指すのでしょうか。

follow us in feedly にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ