記憶を頼りに2009年に読んだ本を振り返ってみます。


「貸せない」金融―個人を追い込む金融行政 (角川SSC新書)
【新版】28歳からのリアル[マネー編]
新版 28歳からのリアル
ETFとは何か (PHPビジネス新書)
いまこそ、ケインズとシュンペーターに学べ―有効需要とイノベーションの経済学
うそうそ (新潮文庫 は 37-5)
エコノミストを格付けする (文春新書)
おまけのこ (新潮文庫)
お役所バッシングはやめられない (PHP新書)
サッカーとイタリア人 (光文社新書)
しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)
しぶとい分散投資術―世界金融危機でわかった!
しゃばけ (新潮文庫)
ただマイヨ・ジョーヌのためでなく (講談社文庫)
デリバティブ汚染――金融詐術の暴走 (講談社BIZ)
テレビ局の裏側 (新潮新書)
ぬしさまへ (新潮文庫)
ねこのばば (新潮文庫)
バカはなおせる?脳を鍛える習慣、悪くする習慣
ホワイトカラーは給料ドロボーか? (光文社新書)
メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学 (光文社新書)
ランニングの作法 ゼロからフルマラソン完走を目指す75の知恵 (ソフトバンク新書)
リスクにあなたは騙される―「恐怖」を操る論理
ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る (宝島社新書)
ワーキングプア時代
億万長者より手取り1000万円が一番幸せ!!―年収400万円+副収入でプチリッチになる
会計操作―その実態と識別法、株価への影響
会計天国
経済物理学の発見 (光文社新書)
月3万円今よりさらに貯まる本―学生からOLまでケース別お金の残し方 (アクアブックス)
誇りと復讐〈上〉 (新潮文庫)
誇りと復讐〈下〉 (新潮文庫)
お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし
勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan
世界は感情で動く (行動経済学からみる脳のトラップ)
世界を席巻するインドのDNA―インドが進化する5つの理由 (角川SSC新書)
世界一幸福な国デンマークの暮らし方 (PHP新書)
世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)
戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)
組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)
統計数字を疑う なぜ実感とズレるのか? (光文社新書)
読書進化論?人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか? (小学館101新書)
年収200万円からの貯金生活宣言
貧困化するホワイトカラー (ちくま新書)
不透明な時代を見抜く「統計思考力」
名ばかり大学生 日本型教育制度の終焉 (光文社新書)
預金封鎖―「統制経済」へ向かう日本 (Econo‐globalists (5))
傲慢な援助
容疑者Xの献身 (文春文庫)
ガリレオの苦悩
さまよう刃 (角川文庫)



【印象に残っている本】
●まずはJeffrey Archer(ジェフリー・アーチャー)
 誇りと復讐〈上〉 (新潮文庫)
 誇りと復讐〈下〉 (新潮文庫)
●投資関係では2009年のNo1
 不透明な時代を見抜く「統計思考力」
●投資におけるフラクタルの概念を知った本
 経済物理学の発見 (光文社新書)
●驚異的に分かりやすい会計の本
 会計天国



ここに書いていない本も何冊か読んだ気がするのですが、よく覚えていません^^;


======== 2009年12月29日追記 ========
≪書き忘れで、思い出した本を追記≫
アフリカ 苦悩する大陸
ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質
ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質
株やFXだけじゃない! 社債投資がわかる本
「金融工学」は何をしてきたのか(日経プレミアシリーズ)
格差社会論はウソである

======== 2010年1月3日追記 ========
≪書き忘れで、思い出した本を追記≫
テロリズムの罠 左巻 新自由主義社会の行方 (角川oneテーマ21)
テロリズムの罠 右巻 忍び寄るファシズムの魅力 (角川oneテーマ21)


【関連コンテンツ】