保有ファンドの本数が2009年11月9日時点で15本(ETF含む)。
HSBC BRICs、メルハバ、MHAM225、HSBCブラジルなどは整理したが、それにしても多すぎる。ものぐさな吊られた男としては、もう少し整理したい。

今の市場にある商品ラインナップから選ぶと以下のような選択になりそう。
現・保有ファンド計画
 インデックスファンドTSPニッセイ日経225インデックス
 ニッセイ日経225インデックス
 STAM TOPIXインデックス
 PRU海外株式マーケットPSMAM外国株式指数
 STAMグローバル株式
 年金積立新興国株式eMAXIS新興国株式
*STAM新興国株式
 eMAXIS新興国株式
**PCAインド株式Lyxor India
**ドイチェインド株式
**HSBCインドオープン
**PCAインドインフラ
**Lyxor India
 三井住友ニューチャイナ香港ハンセン指数ファンド
 PRU海外債券マーケットPeMAXIS先進国債券
*セゾン・バンガード・GBF解約
*しばらくは保有を続ける可能性あり
**国内ETFが割高でなければ、国内モノにする可能性あり

これが実現すると15本→6本と大幅に整理できることになります。仮にしばらくの継続保有検討ファンドを保有し続けても8本。これくらいがいい感じです。


ただし、eMAXISやSMAMのファンドが最終解になるとは思えず、より低コストなファンドも出てきそうなので、それとの兼ね合いが難しいところ。


【関連コンテンツ】