吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



株価下落大歓迎

株価の上昇はネガティブ
株価の大幅下落はポジティブ


長期保有を前提に株式投信に積み立てている場合は株価の大幅下落は大歓迎ですね。


投信は、換金する時(十年〜数十年後?)に基準価額が上がっていてくれればよいわけで、現時点では償還にならない程度に低ければ低い方が良い。


株価暴落に引きずられての基準価額暴落はネガティブな印象だが、長期積み立てと考えればポジティブですね。


さあ、どんどん積み立てていきましょう。

@吊られた男


【関連コンテンツ】





スワップ派の負けパターン?

USD/JPYなど天井は重いものの、騒ぎはおさまって穏やかな円安基調への移行か。

特に高金利通貨としてスワップ派に人気のTRY、ZARは他通貨に比べてかなりの上げ具合です。

ZARでは底値の14.7からすでに1円(7%)程、上げています。
スワップ派の仕込み時期は過ぎてしまったのかもしれない。

今回の急激な円高調整で負けたスワップ派の方々を見ると、あるパターンが見えてくる。

1. レバレッジが高い
2. 平均購入単価が高い

1.はいうまでも無い話なのだが、2.も大きな要因ではないか。

2007年3月の調整などはあったが、基本的には円安は急激なものではなく、時間をかけて進行してきた。
そのような市場環境下でスワップ派は、スワップで利益を得つつ、円売りポジションの含み益も確保していた。

ここまでは、スワップ益を得つつ、含み益持ちで多少円高に振れても大丈夫という磐石の態勢である。

しかし、ここで後に損をこうむる原因となった行動がポジションの追加である。一方的な右肩上がりの中でポジションを追加するということは、平均購入単価を引き上げることを意味する。
また、ポジションを増やす際に当初のレバレッジを維持するよりもレバレッジが拡大する傾向が強かった。
つまり、利益の増大に伴って無意識的にリスクを増大させていたことになる。

NZD/JPYにしても2005-2006年に持ったポジションのみならば、今回の大調整でも耐えられただろう。

そこで、スワップで長期的に利益を得る為に、以下を私のスワップ口座の鉄則とします。
(1) レバレッジは必ず低倍率にする
(2) 平均購入単価と現行レートのギャップを急激な
  円高になってもロスカットせず済むように保つ


@吊られた男


【関連コンテンツ】

マネーパートナーズ1-2万円キャンペーン

マネーパートナーズ確実に1〜2万円もらえるキャンペーンを実施。

すでに取引実績がある方限定ですが、9月28日までの入出金の差し引きで入金が+100万円以上で1万円、+200万円以上で2万円がもらえるとのこと。

私はこのキャンペーンで、先日のクロス円ナイアガラ相場でやられた分の一部をいただきに参ります。

マネーパートナーズに口座を持っている人は是非!!


@吊られた男


【関連コンテンツ】

私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives