吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



重版:おかげさまで拙著『庶民のためのズボラ投資』の3刷が決まりました


出版元のぱる出版の公式Twitterアカウントのツイートでアナウンスがありましたが,私の著書である『毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資』の3刷が決定しました。




【関連コンテンツ】
続きを読む





投資というイメージよりも預金の延長としてインデックス投資しています

pool_tube

私は,投資というイメージではなく,預金の延長としてインデックス投資しています。

こんなことを言うと「損するリスクがあるものを預金と一緒にするのか!!」という声も飛んできそうですが,実際にこの通りです。投資をしたくて投資をしているわけではありません。また,投資でお金を増やさないと飢え死にしてしまうであるとか銃を頭に突きつけられていて投資をしないと殺されてしまうので投資する必要に迫られているいうわけでもありません。
たお金を置いておく場所として有利な場所に置いておきたいと考えた時,投資信託を使った株式への分散投資に行きつきました。

20年や30年,場合によってはもっと長い期間お金を置いていた時に増えていそうなところを選んだのです。


【関連コンテンツ】
続きを読む

ズボラ投資としてはETFではなくインデックスファンドを推奨

グアム 夜景 オンワード・ビーチ・リゾート

インデックス投資を実践するためのツールとして,普通のインデックスファンドを利用する方法とETFを利用する方法があります。

近年こそ,インデックスファンドの信託報酬の低下が進んでいっており,その差は小さくなっていますが,依然としてインデックスファンドよりもETFの方が信託報酬が安い傾向があります。

例えば,TOPIX連動で見れば,iShares TOPIX ETFだと信託報酬は0.06%です。私が購入しているインデックスファンドの<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンドは低信託報酬とは言え,0.18%の信託報酬です (共に税抜き)。


そこでたまに聞かれるのが,どうして,コストが大事と言いながらETFではなくインデックスファンドを選んでいるのですか?といった質問です。j上記の著書でもインデックスファンドを進めていますし,先日の松井証券のセミナーでもインデックスファンドで話をしました。そのセミナーの際に懇親会で聞かれましたのが,この質問です。


【関連コンテンツ】
続きを読む

私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives