吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



2017年1Q 資産運用状況 (投資額/評価額公開中)

scorecard

当ブログ恒例の四半期の資産運用状況報告、2017年1Qの時間がやってまいりました。

■相場環境/投資行動■

ヨコヨコといったところですが,前四半期と比べると少し増えています。中身を見ると新興国のパフォーマンスが良かったようです。

そんな2017年の最初の追加投資は30万円。NISAの枠でFunds-i 新興国株式を購入しました。これで投資した元本が2千万円を超えました。追加投資については,元の予定では1Qの間にさらに30万円を購入するつもりでしたが忘れていました。4月早々に追加投資予定です。
そのような2017年1Q終了時点の資産運用状況は以下の通り。

【関連コンテンツ】
続きを読む





積立NISAは加入自由の制度なのだし,商品制限してもいいんじゃない

ミャンマー ヤンゴン 人民公園

積立NISAで対象商品に制限がかかるという話は前からありましたが,具体的な数字が出てきました。

積み立てNISA、手数料ゼロ投信など対象 (日経新聞)
販売時に生じる手数料について公募株式投資信託はゼロ、上場投資信託(ETF)で1.25%以下のものに限る。
契約期間が無期限か20年以上で、かつ毎月分配型ではないものが基本。


いろいろ難しい制限がかかっています。より詳しくは金融庁の資料に以下のような説明があります。


【関連コンテンツ】
続きを読む

総務省の要請で返礼品が縮小される前にふるさと納税すべし

mont-bell モンベル 長野県小谷村

総務省が返礼品の上限を3割へ

ふるさと納税の返礼品 寄付額の3割以下に抑制要請へ (NHK)
総務省は、ふるさと納税をした人に自治体が贈る返礼品について、一部の自治体で高額すぎるものが見られるとして、寄付額の3割以下に抑えるよう、近く全国の自治体に要請する方針です。

返礼品競争の激化で,2000円の支払いで非常に多くの返礼品を入手できていたふるさと納税に制限が掛かりそうです。
ふるさと納税の限度額等に変更はありませんが,上記のように返礼品の上限に制限が掛かりそうです。
私が愛用している(?)長野県小谷村はモンベルのポイントでふるさと納税額の50%が付与されますから,この総務省の要請基準に照らし合わせればアウトです。今後は縮小される可能性があります。




【関連コンテンツ】
続きを読む

私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives