吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



世の中モンスタークレーマーがたくさん: 旅行サイトとホテルの苦悩

ao_do

以前に,ロクにお金を払っていないのに過剰なサービスを要求しすぎな人がけっこういるのではないかという事例としてタクシー運転手にキレるのはちょいと違うんじゃないかなということを書きました。

今回も旅行予約サイトおよびホテルに対してずいぶんと高い要求をしている事例があったので,それについて書いてみます。

泊まってないのに高額請求!? 旅行サイトの落とし穴 体験記
魚拓版

上智大学教授・元日本テレビ「NNNドキュメント」ディレクターという肩書の水島宏明氏の記事です。


要約すると以下の通りです。
    1. ゼミ合宿のため,エクスペディアで自分と学生の分で計13人分の部屋を会員ログインせずにゲストとして予約した
    2. 予約していたことを忘れていて会員ログインして,また13人分予約した
    3. 後から学生は自分で予約することになり,学生たちは各自エクスペディア以外から予約した
    4. 水島氏はエクスペディアで"会員として予約していた分"をキャンセルした (ゲストで予約した13人分は予約が残っている)
    5. チェックイン時に水島氏がエクスペディアでたくさん予約していると言われた
    6. 水島氏は自分のPCでエクスペディアにログインし,会員として予約した分がキャンセルされているので,エクスペディアではキャンセルされているとホテルの人に告げた
    7. ホテルの人は,エクスペディアではキャンセルされているなら問題ないと回答した
    8. 後日,ホテルから13人分決済されていると水島氏に連絡があった
    9. 水島氏はエクスペディアとホテルにごねて50%の支払いに減額してもらった
    10. 50%も払わされるのはおかしいから,サイト名・ホテル名をさらして文句を書いた
明らかに自分で重複予約しておいてゲスト予約分はずっとキャンセルされていなかったのですから,料金が請求されて当然だと思うのですが,なぜかごねていたということでこの記事には批判が集まりました。

ここからは記事の一部を引用する形で突っ込んでみます。

【関連コンテンツ】
続きを読む





「根強い資産運用=他人と金の奪い合いの勝ち負け」というイメージ

kame

先日,DMM亀山会長へのインタビュー記事がR25に掲載されました。若者は資産運用なんてやらずに稼ぐ力を身につけろといった趣旨の内容でした。

「25歳で資産運用? 眠たいこと言うなよ」DMM亀山会長から若者へのお金のアドバイス

若いうちから資産運用なんてありえないよね。
だって、自分で仕事やったほうが稼げるじゃない。
株とか通貨のチャートを見て日々の上げ下げで時間使うくらいなら、稼ぐ力をつけるための勉強をしたほうがよっぽど価値がある。
何億も動かしてるプロの人たちとは勉強量が違うからね。

普通の仕事は、自分が頑張ったら得をすることはあっても損をすることはないけど、資産運用は勝つか負けるかの世界。

どんなに頑張っても、自分より上手(うわて)がいれば損するから。


一番最後の下線部が特徴的ですが、亀山氏にとって資産運用は他の資産運用者との資金の分捕りあいといった認識のようです。そして勝つためには多くの勉強が必要という認識です。

機関投資家の間ではパッシブ投資(インデックス投資)は主流で,少しはリテールの世界でも広まりつつありますが,まだ世間一般となるとこういう認識が結構強いんでしょうね。
今回はDMM亀山会長のこのインタビューが目についたので取り上げましたが,亀山氏に限らずこのような認識のことを言われる人は結構います。



【関連コンテンツ】
続きを読む

「投資信託で46%の人が損」「家計の保有投信残高大幅訂正」に思うデータの読み方

adventure
投資信託に関して最近2つの面白いデータの話がありました。

1つは投資家の多くが投資信託で損を抱えているという話です。

銀行の投資信託、46%の個人が「損」 金融庁問題提起 (朝日新聞)
金融庁が主要行9行と地方銀行20行の窓口で投信を買った客全員の今年3月末と購入時の投信の評価額を比べた。顧客が払う手数料も引き、実質的な「手取り」を試算すると、46%の人の運用損益がマイナスで、損をしていたという。購入した時期にもよるが、株価が上昇基調で比較的「損をしにくい」環境のなかで、比較的多くの人が損をしていたことになる。


もう1つは実は家計が保有する投資信託の残高が33兆円も過大に計算されていたというニュースです。

日銀、33兆円も下方修正 家計の投信保有残高 (日経新聞)
 日銀は6月27日に1〜3月期の資金循環統計を発表した。目を引いたのは家計が保有する投資信託の残高だ。3月末時点で73兆円強と、3カ月前に発表した昨年12月末時点の残高(109兆円)から36兆円も減少した。個人が売却したり、運用成績が急速に悪化したりしたせいではない。「新たな基礎資料等を採用し、部門別の残高を精緻化した」(日銀)ためだという。

これらに関してはいくつかのブログやニュースでも取り上げられています。内容への解説はそちらへお任せしますが,この2つのニュースを聞いて面白いと思ったのはデータの見方です。



【関連コンテンツ】
続きを読む

私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives