吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



iFree,新たなる低信託報酬インデックスファンドシリーズが登場

大和証券投資信託委託 大和投資信託

すでにいくつかのブログでも取り上げられていますが,大和証券投資信託委託からiFreeの名を冠したインデックスファンドが12本登場します。9月8日から設定されるようです。
業界関係者や報道などはわかりませんが,投資ブロガーで一番最初にこれを取り上げたのは,大和証券投資信託委託が超低コストインデックスファンド「iFree」シリーズ12本を設定 (バリュートラスト) だと思います。私もここで知りました。

大和証券投資信託委託も新しいインデックスファンド・シリーズ「iFree」というリリースアナウンスを出しており,その中で以下のように書いています。
当社はインターネットを通じてお取引される投資者の皆さま向けに、低コストでさまざまな投資ニーズにお応えするインデックスファンド・シリーズとして「iFree」(アイフリー)を新たに設定します。
これから資産運⽤を始められる⽅にも、既に運⽤されている⽅にも、幅広く多くの⽅々にご利⽤いただけますよう、パソコンだけでなくスマートフォンからでも⾒やすい専⽤サイトや、投資の⼿助けとなる様々なツールをご⽤意する予定です。
    1. iFree 日経225インデックス (日経平均株価連動 / 信託報酬 0.19%)
    2. iFree TOPIXインデックス (TOPIX連動 / 信託報酬 0.19%)
    3. iFree JPX日経400インデックス (JPX日経インデックス400連動 / 信託報酬 0.205%)
    4. iFree 外国株式インデックス (MSCI Kokusai連動 / 信託報酬 0.21%)
    5. iFree NYダウインデックス (ダウ・ジョーンズ工業株価平均連動 / 信託報酬 0.225%)
    6. iFree 新興国株式インデックス (FTSE RAFI エマージング インデックス連動 / 信託報酬 0.34%)
    7. iFree 日本債券インデックス (NOMURA-BPI総合指数連動 / 信託報酬 0.22%*)
    8. iFree 外国債券インデックス (シティ世界国債インデックス(除く日本)連動 / 信託報酬 0.18%)
    9. iFree 新興国債券インデックス (JPモルガン ガバメント・ボンド・インデックス−エマージング・マーケッツ グローバル ダイバーシファイド連動 / 信託報酬 0.22%)
    10. iFree J-REITインデックス (東証REIT指数(配当込み)連動 / 信託報酬 0.29%)
    11. iFree 外国REITインデックス (S&P先進国REIT指数(除く日本)連動 / 信託報酬 0.31%)
    12. iFree 8資産バランス(信託報酬 0.23%)
※信託報酬はすべて税抜き




【関連コンテンツ】
続きを読む





NISAに従来の「年間拠出120万円で,最大5年間非課税」に加えて「年間拠出60万円で最大20年間非課税」枠が登場?

小浜島 猫

まだ、いくつかのメディアが報じているという段階です。
しかも制度導入が確定したわけではなく、税制改正要望に盛り込むという報道なので、実際にこの制度が実現するかは分かりません。
しかし、NISAにおいて興味深い動きが報じられています。



【関連コンテンツ】
続きを読む

国土交通省、マンション一括借り上げトラブル対策として制度を改正

マンション

「家賃保証」アパート経営、減額リスクの説明義務化 (朝日新聞デジタル)
 「全室を一括で借り上げる」「家賃は保証する」と業者から誘われ、借金までしてアパートを建てたものの、数年後に家賃を減額された――。そんな苦情が相次いでいることから、国土交通省は「将来は家賃が減る可能性がある」との説明を賃貸住宅管理業者に義務づける制度改正を決めた。

職場にもよく「御社のお勤めの皆さまにご紹介している良い節税方法があります。マンション経営をしませんか。」といった電話がかかってきていました。そんな中、マンション経営の一形態である一括借り上げに対して国交省のメスが入るようです。
マンション一括借り上げについては、その手のキーワードでGoogle先生に聞くと問題点を教えてくれるサイトが沢山見つかりますが、最大の問題点は、朝日新聞の記事でも触れられているように30年や35年といった長期間の借り上げ約束はしてくれるけど、賃料の金額は保証してくれないという点です。

この手の一括借り上げの代表格は大東建託とレオパレスでしょうか。
大東建託は35年の一括借り上げで以下のように言っています。(http://www.kentaku.co.jp/estate/lp/より)
大東建託 一括借り上げ

レオパレスは以下のように言っています。(https://www.leopalace21.jp/land/apartment/system/より)
レオパレス 一括借り上げ

いずれもここだけを見ると安心して安定したマンション経営を行えるかのようにも見えますが、重要なのはそこではありません。

大東建託は、最初は10年、10年目以降は5年後毎。レオパレスは2年毎にやってきます。
何が?

賃料の更新です。

30年や35年一括で借り上げるとは約束したけど同じ金額を払い続けるとは約束していない、ということです。身も蓋もない言い方すると「更新のタイミングで支払う賃料引き下げるからね」となります。これをちゃんと理解していなくて行き詰まってしまうマンションオーナーもいるという残念な話です。


具体的にはどんな制度が変わるの?



【関連コンテンツ】
続きを読む

連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
Archives