吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

投資信託を使った低コストインデックス投資/パッシブ投資(バイ&ホールドの国際分散投資)で資産形成を行っている一般サラリーマンの吊られた男が、主に投資やお金のことについて語るブログ。時々、投資やお金以外の話もします。



日本郵政の春闘記事が面白かった - 待遇改悪?格差解消?

tokyotower01


先日,Twitterでトレンドを見たら「日本郵政」という文字が目に飛び込んできました。なんだろうと思いタップしてみると,以下の朝日新聞の記事を元にしたツイートが多数ありました。

正社員の待遇下げ、格差是正 日本郵政が異例の手当廃止 (asahi.com)
日本郵政グループが、正社員のうち約5千人の住居手当を今年10月に廃止することがわかった。この手当は正社員にだけ支給されていて、非正社員との待遇格差が縮まることになる。「同一労働同一賃金」を目指す動きは広がりつつあるが、正社員の待遇を下げて格差の是正を図るのは異例だ。
政府は非正社員の待遇が、正社員の待遇に引き上げられることを想定。非正社員の賃金を増やして経済成長につなげる狙いもある。ただ、日本郵政グループの今回の判断で、正社員の待遇を下げて対応する企業が広がる可能性がある。


記事の論調と同じで,ツイートも非正規の待遇を上げるのではなく正規の待遇を下げることで格差縮小するというのはとんでもないというものがほとんどでした。

しかし,私は記事を読んでいて違和感がありました。そんな簡単に組合がほとんど引き下げばかりの改定で折り合うのか,と。そこで同じことを報じている記事はないかと「日本郵政」でGoogle先生にお伺いをしたところ,日経新聞の記事が見つかりました。


【関連コンテンツ】
続きを読む





2018年1Q 資産運用状況 (投資額/評価額公開中) - つみたてNISAでまさかの残高不足


scorecard

当ブログ恒例の四半期の資産運用状況報告、2018年最初の四半期である1Qの報告時期がやってまいりました。

■相場環境/投資行動■

この四半期はほとんど相場を見ていませんでしたが,どうも集計をしてみると株安の時期だったようです。

そんな2018年1Qですが,投資行動は完全にしくじりモードでした。
つみたてNISAを月額33,333円で設定したのですが,購入されたのは1月と2月の2回のみ。3月は購入されていませんでした。住信SBIネット銀行の口座を見ると口座残高が3万2千円ちょっととなっており,残高不足で購入されなかったようです……
他の追加投資もなしということで,この四半期の追加購入額は66,666円にとどまりました。





【関連コンテンツ】
続きを読む

無駄なことにこそ価値がある: 経済的な損益で考えるばかりでは息苦しい

hashi

投資をやっていると,いかに効率的に経済的な利益を得るかといったことを考えるようになります。
特にインデックス投資の考え方は期待リターンやリスクといったものを数字で考えて,勝てる確率が高い方を選ぶといったことでなおさらそのような傾向がある投資法です。

そういう思考法を持つと
    • 入院確率やそのときに発生しうる費用などを計算して,医療保険に加入すべきか・しないべきか
    • 持ち家か,賃貸か,どちらの方が長期的にはお得か
といった経済的合理性で物事を考えがちになることがあります。

しかし、人生は実は無駄なことに価値があります。ある局面で経済的合理性を追及するのは無駄なことにその資金をつぎ込むためとも言えます。



仮に経済的合理性ばかりを追求していくとしたら,それは人生といえるでしょうか?

【関連コンテンツ】
続きを読む

私の著書 - ズボラ投資
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」
連絡先
私への連絡は下記メールアドレスまでお願いします
tsurao@gmail.com

tsuraolife_banner_s

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


Recent Comments
ブログ内記事検索
PR
お勧め銀行・証券会社
■証券会社■
○SBI証券

○セゾン投信


■銀行■
○住信SBIネット銀行


■401k(確定拠出年金)■
○SBI証券
タグ
Archives